img_0572-2

都心から電車1時間ですぐ行ける!鍋焼きうどんが絶品、鍋割山

thumb_img_3423_1024

スポンサーリンク




こんにちは!

山頂飯のために山に行く、アウトドアライターのゆうやです。

thumb_img_5130_1024

登山をやりたくても近くにある山ってどこに行けばいいかわからない!!!って方へ。

今回は都心から気軽に行けちゃう素敵な山を紹介します。

美味しい鍋焼きうどんを堪能できる鍋割山

山の名前はずばり鍋割山

都心でも有名で山々が立ち並ぶ神奈川県丹沢山脈のお山。

標高は1272mで都心にしては少し高めです。

ちなみに高尾山は599m!2倍以上!

 

thumb_img_3372_1024

ここの山の魅力はなんといっても

山頂で食べることのできる絶品鍋焼きうどん!!!

鍋割山の山頂名物で、激うまのあつあつうどんを食べることができるんです。

thumb_img_3424_1024

山頂で美味しいご飯を食べられるところは限られているため、

どうしても自分で作らなければいけないですよね。

ところが、鍋割山は山頂の山小屋で美味しい鍋焼きうどんを食べることができるんです!

鍋割山ってどうやっていくの?

東京都新宿駅から小田急小田原線に乗って約1時間10分。

渋沢駅という駅で降ります。

北口に出て目の前にあるバス停でバスに乗車。(渋02 大倉行き)

約15分くらいで終点大倉に到着。

ここから歩いててすぐのところに登山口が待ち構えてます!

鍋割山の鍋焼きうどんへの道はこんな感じ

thumb_img_3414_1024

前半はわりと平坦な道が続きます。

thumb_img_7333_1024
スポンサーリンク
thumb_img_7334_1024

水がすごくきれいな川を発見!

橋に乗って川を渡ります。めちゃくちゃ自然を感じる。

都心にいるとなかなか見ることができないですよね。

後半は登りが険しくなります。

登山者も多いので、励ましあいながら頑張って登ります!

急登も多いため、無理なく休憩して追い込みすぎないように。

登山開始から約4時間。

鍋割山の山頂到着!美味しい鍋焼きうどん食べよう!

thumb_img_7338_1024

鍋割山荘って山小屋があります。

ここで鍋焼きうどんと生ビールを購入!

電車で行けるのでビールも飲める!

車じゃないと行けない山も多いため、電車で行ける山はありがたいです。

thumb_img_3423_1024

山頂では神奈川県の綺麗な町並みを見下ろすことができます!

絶景を見ながら食べるできたて鍋焼きうどんは最高です。

山頂は寒いので、本当にあったまる。

体に染み渡ります。

いつもは山頂でカップラーメンばかり食べていますが、

たまには山頂名物料理を食べるのも楽しいですね。

thumb_img_3369_1024

帰りは同じ道を下山。

大倉からバスに乗って帰ります。

合計歩行時間は約7時間。日帰りにしては少し長めの山ですね。

登山スタートの時間をなるべく早めて無理のない登山をしましょう。

鍋割山荘は山小屋泊をすることもできます!

初心者の方は山小屋に泊まって、ゆっくり登山するのもおすすめ!

thumb_img_3371_1024

山頂飯って素晴らしい!鍋割山、鍋焼きうどん編

こんな素敵な山も都心からすぐ行けてしまうんです。

山頂で食べるご飯はいつもより美味しく感じることも、登山の魅力の一つです。

地上で食べるどんな高級料理よりも、山頂で食べる料理はおいしいです。

地上では味わえない、

びっくりするほど美味しい鍋焼きうどんを味わってみてはいかがでしょうか!

以上、ゆうやの鍋割山登山のご紹介でした!

The following two tabs change content below.
ゆうや

ゆうや

アウトドアメディアACTIBASEブロガー。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。
スポンサーリンク
thumb_img_3423_1024

ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうや

アウトドアメディアACTIBASEブロガー。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。