IMG_2328 (1)

【一度やったらやめられない】絶景を見ながら味わう、山飯の世界

スポンサーリンク






こんにちは!actibaseブロガーのゆうやです!

thumb_img_5541_1024

八ヶ岳、赤岳山頂でインスタントラーメン食ってる僕です。

今回は山飯の魅力を紹介!!!

関連記事:こんなに楽しいものだったのか!登山者が山に登る3つの理由

↑この記事でも紹介した通り、「美味しい山頂飯」も登山の楽しみの一つです!

今日は山飯についてのいろいろを書いてみます。

山飯の魅力って何?

thumb_img_5657_1024

ズバリ!「別世界で食べるご飯は普段の何倍も美味しく感じる」

例えば、日帰り登山。

朝早く登山を開始。自然を感じながら山を登る。

岩場を上がる。中間地点で綺麗な景色を発見!

疲れたー。こんなに長かったっけ?お腹減ったなー。

もう少しで山頂だ!頑張ろう!

ガシガシ登る。

やっっっっっと山頂とうちゃーく!!!

絶景だー!!!お昼ご飯食べよーーー!!!

ここでお湯を沸かしてインスタントラーメンを食べる。

thumb_img_4249_1024

こんな美味いインスタントラーメン食べたことない!

ってなります笑

疲れた体にあったかい山飯は最高。

達成感を感じ、絶景を見ながら食べられるご飯は何よりも美味しいです。

手軽に作れる主な山飯って何?

①インスタントラーメン

定番中の定番山飯。あったかいラーメンとスープが体に染み渡ります。

汁は少なめに作って全部飲み干すか、持ち帰りましょう!

ビニールに入ってる麺をクッカーに入れて作ると、

帰りのゴミがかさばらなくて済みます。

スポンサーリンク
thumb_img_5658_1024

 

②お湯を入れるだけで食べられるご飯(アルファ米)

五目ご飯、ドライカレー、チャーハン、白米などお湯を入れて待つだけでできるご飯。

比較的コンパクトにまとまる。

アルファ米のご飯は普通のお米よりも消化がしやすいみたいなので、登山に適しています。

お味噌汁などと組み合わせてもおすすめ!

thumb_img_5650_1024

③あったかい飲み物(コーヒー、ココア、スープなど)

ご飯ではありませんが、短時間であったまりたい休憩時や食後などにバッチリ!

貼ってあるのはココアですが、僕は最近山頂コーヒーにハマってます。

そろそろコーヒーミルを使って、本格的な挽きたてコーヒーを味わってみたい!

thumb_img_3754_1024

この他にもパスタ、レトルトカレー、リゾットなどと

作る方も多いかもしれませんね。

thumb_img_5654_1024

山飯作りに必要な道具って何?

お湯を沸かして調理する場合、次のようなものを持ってると助かります。

①シングルガスバーナー

簡単に火を起こせる、山飯のマストアイテム。

thumb_img_5669_1024

②クッカー(コッヘル)

アウトドア用に軽量化された鍋のこと。

素材にはアルミ、チタン、ステンレスがあります。大きさも様々。

持ち手がゴム素材のものは、お湯を入れても熱くなくて使いやすい。

thumb_img_5670_1024

山飯を食べる時の注意事項

thumb_img_5655_1024

・意外と忘れがちなお箸。作っても食べられなくならないようお忘れなく

ウェットティッシュやトイレットペーパー、ビニール袋、手ピカジェルを持っていくと便利

・当たり前だがゴミは必ず持ち帰る。みんなの山なので

・手ピカジェルみたいなアルコールがあったら便利。

・ゴミをコンパクトにまとめられるよう工夫しよう!(食事の下ごしらえなど)

美味しい山飯を作ってさらに充実した登山を!!

thumb_img_3720_1024

山飯があると登山が何倍も楽しくなります。

レパートリーは無限大。

あらかじめ野菜の下ごしらえをして、

激ウマミネストローネを作っていた友人もいました。

山小屋飯もいいけど、自分で山飯を作ってみるのも楽しい!!

まだやったことがない方は、

地上で食べるご飯よりも何倍も美味しい山飯を味わってみてはいかがでしょうか。

 

以上、ブロガーゆうやの「山飯の魅力」のご紹介でした。

The following two tabs change content below.
ゆうや

ゆうや

アウトドアライター。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうや

アウトドアライター。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。