IMG_2328 (1)

都心から1時間半。千葉県のグランピング施設ザ ファームがオススメすぎる。

IMG_2004

スポンサーリンク




みなさん、こんにちは。

グランピングを愛してやまないしょーまです。

IMG_2037

以前千葉県木更津のグランピング施設ワイルドビーチをご紹介させていただきましたが、千葉県にはみなさんにオススメしたいグランピング施設がまだまだあります。

関連記事:【1度は行きたい】木更津ワイルドビーチで極上のグランピング体験

今回ご紹介する『THE FARM(ザ ファーム)』もそのうちの一つです。

キャンプなのにベッドがあり、温泉もあり、朝食付きで快適で優雅な時間を味わるグランピングを是非みなさんにも体験して欲しいです。

今回はTHE FARMコテージを体験してきたのでレポートします。

家族みんなで行きたい農園型グランピング施設『THE FARM』とは

IMG_2011

都心から90分。千葉県香取市という茨城県との境目にあるグランピング施設ザファーム。

ここは会員制の貸農園を運営しており、1年中野菜の収穫ができるんです。

農作業後には採れたての野菜を使ってBBQをしたり、グランピング施設に宿泊することも可能です。

また会員でなくても野菜の収穫体験(毎日2回開催)ができるので、農業とグランピングという非日常を同時に体験することができます。

IMG_1967

まずは基本データをCHECK!

THE FARM (ザ ファーム) 詳細
・住所:千葉県香取市西田群1309−29

・公式HP:http://www.thefarm.jp

・車アクセス:
大栄ICより車にて約20分
助沢ICより車にて約15分

・送迎:2日前までに予約が必要。
⇨行き(THE FARM行き)
栗源バス停発14:38
⇦帰り(栗源バス停行き)
リバーサイドラウンジ発11:30〜
管理センター発 11:40〜
コテージ発 11:45〜栗源バス停着12:01

・チェックイン:15:00〜17:00
・チェックアウト:11:00

・定員:最大4名(1棟につきセミダブルベッドx2)

・温泉:天然温泉かりんの湯(宿泊者は無料)

THE FARMグランピングの魅力。2つのグランピングスタイル

THE FARM(ザ ファーム)には2つのグランピングスタイルがあります。

ヴィラタイプコテージタイプでどちらもとっても魅力的なんです。

自分のスタイルに応じて、グランピングスタイルを選びましょう。

2回行ってもいいですよね。

ザ ファーム キャンプ

こちらはヴィラタイプのグランピングスタイル。

グランピングといえばこれですね。

こんなところでカップルや気の合う仲間と過ごすことができたら超素敵ですよね。

AC電源もついているので携帯の充電や電子機器の使用もできます。

基本プランは初日のBBQ(夕食)と翌日の朝食つきなので、夜はBBQとお酒を楽しんでぐっすり寝ても、朝食の準備は必要ありません。

また温泉かりんの湯も無料で使用可能。

お手洗いは共用です。

【1棟 大人2名基本料金 ¥26,600〜】

ザ ファーム コテージ

IMG_1990

こちらは開放的なコテージタイプのグランピングです。

基本プランは朝食と温泉付き。

夕飯は夕飯付きのプランを選ぶか、コテージ内にキッチンがついているため、食材を持ち込んで自分たちで調理をすることもできます。

上記以外にもコテージ内にはトイレや浴室があったり、ハンモックがぶら下がっていたり、窓を開けると大きなウッドデッキがついていたりともうこれ以上の快適さはないんじゃないかというわけですよ!

【1棟 大人2名基本料金 ¥14,000〜】

THE FARMグランピングコテージに泊まってみた。

IMG_1995

これが受付。夜になると光輝いて美しい。

中も自然が感じられてオシャレな造りになっています。

ここでチェックインの手続きをします。

IMG_1969

無料でコーヒーが飲めたりバドミントンやボールなど外で遊ぶ道具のレンタルもしています。

少しですが花火やお酒も売っていました。

敷地内に花火エリアがあり夜9時まで手持ち花火のみOK。

今回泊まった我がコテージを外から見るとこう。

IMG_2017

写真がうまく取れず、美しくないことは反省しています。

早速中に入ると、木の匂いがする。ウェルカムウォーターもありました。

今回私たちは夕食無しのプランを選択したため、食材を外で調達してこちらのキッチンで料理します。

IMG_1992

冷蔵庫は大きめですね。

食器類はありますが、調味料などはもちろん無いので用意しましょう。

簡単に肉を調理してこんな感じの仕上がりに

IMG_2005

木のテーブルに木のお皿でかなり手抜き料理でもおしゃれに見えますよね。

ご飯を食べたら、温泉に行きます。

IMG_2019

こちらがそのお風呂『かりんの湯』です。

THE FARM内にあるので部屋から歩いていけます。

なんとここのお風呂、ザ ファームの宿泊者は翌日のチェックアウト後も14時まで入浴可能なんです。

これがザ ファームの優しさです。ありがとうザ ファーム。

また来たいよザ ファーム。

【営業時間:10:00〜22:00】

ちなみにコテージ内にもお風呂が付いています。

こちらも綺麗なんですが、無料で温泉に入れるので使いませんでした。

IMG_1970

ザファームグランピングのオシャレな空間に酔いしれて、眠りにつくと朝食が待っています。

朝食の会場も敷地内なので歩いていくのですが、途中で馬やヤギなどの動物を発見したので、少しだけ戯れました。

IMG_2016

こいつらの可愛さは異常。

IMG_2013

こちらが朝食の会場で普段はカフェとして営業しています。

そして今回の朝食がこちら

IMG_2014

タコライスです。

ビュッフェ方式になっているので、自分の好きな分量を取れます。

がっつりお代わりしました!

お腹いっぱいになったら部屋に戻ってさらにくつろぎ、チェックアウトをしてお風呂に入れば今回のグランピング体験は終了です。

ザファームでもう一度グランピング体験をしたい

IMG_2012

いかがでしたでしょうか。

昼は収穫体験をして、夜はオシャレな空間で仲間や家族とまったりと過ごす。

素晴らしい週末ですよね。

都心から車でたったの90分とアクセスも抜群なので、是非一度ザファームに行ってみてください。

体験したことを思い出しながらこの記事を書いていたら、もう一度行きたくなってしまいました。笑

今回はコテージに泊まったので次回はヴィラタイプのグランピングをしようかな。

以上、しょーまのザファームグランピング体験レポートでした。

The following two tabs change content below.
しょーま

しょーま

アウトドアメディアACTIBASE編集長。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年2月自伝を出す。

スポンサーリンク




IMG_2004

ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しょーま

アウトドアメディアACTIBASE編集長。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年2月自伝を出す。