IMG_2328 (1)

登山に関係ないけど、登山に最も使えるアプリ「ロケスマ」とは?

スポンサーリンク




こんにちは!ゆうや(tnsb2g8n)です。

いきなりですが、皆さん登山に行く時に何かアプリ使ってますか?

登山中のGPSアプリは使っている方多いでしょう。

 

ただ、登山専用アプリではないけど、

登山の過程でめちゃくちゃ使えるアプリがたまーにあったりします。

今回はその中の一つ「ロケスマ」というアプリをご紹介!

 

スマホアプリ、ロケスマとは?

locasmatitle

出典:デジタルアドバンテージ

ロケスマは見つけたいお店をすぐに見つけられます。一瞬で

お店のカテゴリーを選んで、地図をスクロールするだけで、

その地図内のお店がパッと出てきます。

カテゴリーの数もすごい。チェーン店ならほぼ見つけられます。

 

コンビニやコインパーキング、カフェ、銀行ATM、日帰り温泉などなど、行きたい場所をお手持ちのスマホでサクッと見つけられる無料のiPhone/Androidアプリです。

テレビ朝日系「スマホPOLICE」、日経産業新聞、Sony Select、マイナビニュースなどメディア紹介多数。デンソー スマートテック・アワード2013「テクノロジー賞」受賞。すでに50万人以上のみなさまにご利用いただいています!

スポンサーリンク

ロケスマはアプリもマップも、すべて無料で使い放題です。

「株式会社デジタルアドバンテージ」より引用

 

ロケスマの紹介動画はこちら↓

 

ロケスマの使い方 (登山者の場合)

locasma-06

出典:デジタルアドバンテージ

 

登山者の僕の場合、絶対行くのはこの3つ

・コンビニ(登山前)

・温泉(下山後)

・ご飯屋さん(温泉後)

 

「ロケスマ」なしの場合

例えば上高地から登山するとしましょう。

検索で探す場合、「松本IC コンビニ」とかで検索して、

出てきたコンビニの地図を開いて、自分の今の位置と照らし合わせて探しますよね。

「お店を探して、地図を探して、自分の居場所を探す」

ど田舎の山とかだと地図にコンビニなどもあまり載ってないし、

このように探すのが一般でしょう。よく考えると効率悪いっすよね。

 

「ロケスマ」ありの場合

これが「ロケスマ」があると、探し方が逆になります。

カテゴリーを選んで地図を開くと、地図上にお店がわんさか出てきます。

もちろんコンビニも日帰り温泉も飲食店も。

 

地図上には自分の現在地も出るので、

現在地と目的地の間のお店を探せばいいだけです。

「地図の中にお店と自分の居場所が載ってる」

効率よすぎ。これで無料アプリとか価値しかないっす本当に。

 

登山以外にも使い道無限大

もちろん登山以外でも使えます。

「出張先でカフェやご飯屋さんを探したい」

「旅行先でスーパーやコンビニを探したい」

「引越し先の近所に何のお店があるのか知りたい」

ロケスマを使えば、大抵すぐ調べられちゃいます。

 

普段行かない場所に行ったら、絶対役立ちますね。

 

最強アプリロケスマを使ってみよう!

locasmatitle

出典:デジタルアドバンテージ

以上がロケスマの凄さのご紹介。

「地図の中にお店と自分の居場所が載ってる」ってめっちゃ便利ですよ。

山行く時は絶対これ使えます。

下山した後、ロケスマで日帰り温泉調べて

すぐ気持ちいいお風呂に入りに行くのが下山後日課。いち早く温泉入りたいですよね!

 

めっちゃおすすめなので、気になる方は検索検索!

 

—LINE@を登録する—

LINE@の使い方がわからない方はこちら

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

The following two tabs change content below.
ゆうや

ゆうや

アウトドアライター。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。

スポンサーリンク




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうや

アウトドアライター。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。