IMG_2328 (1)

登山はお金が非常にかかる!だけど、お金をかけない方法があるんです

スポンサーリンク




こんにちわ!ACTIBASE編集長のひろまさ(@HIRO)です!

「登山はブルジョアの行うスポーツだ」、「登山はお金がめちゃめちゃかかるスポーツだ」。

と考えている人多いと思います。

僕もその通りだと考えております。笑

だって、普通に登山道具一式買うとなると、15万~18万程度かかるしね…笑

実際、山に行く「交通費」や登山に行くための「登山用品」を買い揃えることを考えたら、本当に登山はお金がかかるスポーツだと思います。

ましてや、登山用品なんて機能は優れているけど、普通のものに比べて高いし!!!笑

しかーーーし!!!

どんなことでも、工夫をすればお金をかけないで楽しめる方法があると考えております!

今回は、僕が行っている「登山時におけるお金をかけない方法(費用対策)」について紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてください!

お金をかけない方法①アウトドアグッズの集め方

アルペングループ

アルペングループ

出典:公式HP

まず、一つ目は「アルペングループ」です。

これは、総合スポーツ用品店で、「スポーツ用品」「ゴルフ用品」「アウトドア用品」「カジュアルファッション」等、多種多様な商品が40000万点以上あります!

ここはまじで本当にめちゃめちゃ安いです!!!

僕もめっちゃ利用してます!!!

そしてここは、こんな方におすすめです。

  • 登山が初めての方
  • 登山を頻繁に行かない方
  • 登山にかけるお金を安く済ませたい方
  • ブランドに固執していない方

 

もちろん、すでに登山をやっている人にもおすすめです!

が、「アルペングループ」は総合スポーツ用品店ゆえに、登山用品のブランドが少ないので、ブランドに固執している人は難しいかと思います。

ぜひ一度、アルペングループになにがあるのか探してみてはいかがでしょうか。

アルペン公式オンラインストア

メルカリ

メルカリ

出典:メルカリ

次におすすめするのは、CtoC(個人間取引)で有名な「メルカリ」です。

メルカリは、なにか会社等を介さずに、個人同士で行うビジネスのことで、

仲介料がないので非常に安くモノを手に入れることができます。

しかも、僕の友達は登山でよく使われる時計の「スント(SUUNTO)」を1万円で購入してました….。

スントとか普通に4,5万くらいかかるんだよ?(笑)

スポンサーリンク

ちなみにメルカリは、自分でも出品することができます。

ひょっとしたら、不要になった登山用品やその他物品がお金に変わるかもしれないので試してみてください。

スマホでかんたんフリマアプリ

アウトドア用品のレンタル

ai2

みなさんご存じでしたか?

実は、アウトドア用品をレンタルできるサービスがあるんです!

例えば、年一回の富士山にしか登らない人とか登山を今後続けるつもりがない人って

登山道具一式揃えるのめっちゃ損に感じるじゃないですか。

なのでそういう人には、このレンタルサービスをおすすめします。

  • 年一回くらいしか登山をしない
  • 今後登山を続けるかわからない
  • 今、お金がない人

 

登山道具一式で¥10,000程度でレンタルできるので非常に安いと思います。

このレンタルショップは、登山道具だけでなく、キャンプの道具等もレンタルできるので、大学のサークルや何かのコミュニティーでアウトドアをする際に利用してみてください。

レンタルショップはこちらへ

フリーマーケット

フリーマーケット

フリーマーケットに足を運んで登山用品を手に入れる方法もあります。

「Off the grid」や「ギアループマーケット」などのイベント時では、登山用品等を格安で手に入れることができます。

ちなみに2017年10月28日(土)、29日(日)にギアループマーケットというフリマイベントがあります。

ぜひ足を運んでみてください。

お金をかけない方法②交通費を安くする方法

車を持っていれば、車で行くのがベストです。

もしくは、少し遠出をするのであれば電車(青春18きっぷ)もおすすめです。

車で行きたい方はレンタカーだけでなく、

おすすめのカーシェアリングアプリもあります!その名も、「Anyca」です!!

エニカ

出典:公式HP

こちらも、CtoC(個人間取引)のビジネスで、一般人から車を借りることができるため仲介料なしで非常に安い値段で車を借りることができます。

また、家の近くでピックアップできるので返却時も非常に楽です。

そして、気になるのが「車の保険」だと思いますが、

もし車を借りる場合、保険に加入するプログラムになっているため安心してご利用できます!

また、自分が車を使わない時間帯に人に貸すこともできます。

まとめ

節約

登山は非常にお金がかかるスポーツです。

しかし、「工夫」をすれば節約はいくらでもできます。

今回は登山時における費用対策として、

「アウトドアグッズの集め方」と「交通費」についてお話ししました。

登山やアウトドアだけでなく、すべてにおいて言えることですが、高いものは良質なものが多いです。

「機能性」、「デザイン」など。

しかし、安くてもいいものは見つかります。

ぜひ、これを機会に自分の欲しかったものがないか見つけてみてはいかがでしょうか。

—LINE@を登録する—

LINE@の使い方がわからない方はこちら

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

The following two tabs change content below.
ひろまさ
ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。

スポンサーリンク




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ひろまさ

ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。