IMG_2328 (1)

【日本百名山】雪と紅葉の幻想的な世界!越後の名山苗場山で日帰り登山。

スポンサーリンク






こんにちは、しょーま(@MofMof21)です。

今回は紅葉を求めての苗場山で日帰り登山をしてきました。

苗場山はとにかく山頂付近の景色が素晴らしい

苗場山の山頂は高層湿原となっており、多くの池塘が点在してます。その景観と特異な山容から、越後の名山として注目され、県内外の登山者に親しまれている山なのです。

湿原一面が黄金色に輝く草紅葉や濃い赤色に染まった木々がとても美しいので紅葉登山に絶対オススメ

紅葉の見頃は9月下旬から10月上旬なのでその時期を狙っていきましょう!

登山日:10月5日。

苗場山とは

上信越高原国立公園に属する日本百名山の一つ!

山頂部が平らでいわゆるテーブルマウンテンの形状をしており、木道を歩きながらパノラマハイクを楽しめる。

古くは地震のことを「ナイ」と云い、古人は地震がこの山から起こると想像したための付名との説があります。

また苗場山はスキーリゾートとしても有名でスキー場では滑走可能になる時期が早いんです。

苗場山駐車場

登山者に好まれているのは三俣コース。スキーシーズン以外は、和田小屋の徒歩20分手前のかぐらスキー場第2リフト町営駐車場まで入ることができます。

駐車場は30台程度駐車でき無料で利用でき公衆トイレもあるので安心です。

紅葉シーズンには満車となることが多いので、お早めに!!

 苗場山について
名称:苗場山(なえばさん)
標高:2,145m
場所:新潟県湯沢町、津南町、長野県栄村
駐車場:かぐらスキー場町営駐車場(約30台/無料)
アクセス:関越自動車道湯沢IC
コース:駐車場→和田小屋登山口→日向山山頂ピストン
コースタイム:往復7時間40分

苗場山日帰り登山へ出発!

おっしゃー気を引き締めて苗場山登山開始。

最初は草と泥の道。

前日の雨もあってなのか、地面のぬちゃがすごい。。もう一度言う、ぬちゃがすごい。僕はこれをヌチャラーと名付けている。

今回のバックパックはアンドワンダーのキューベンファイバーバックパック。キューベンファイバーは、ヨットのセールなどに使用されている素材で、高い防水性があります。そして超軽量。このバックの重さはなんと225g。

マジで羽のように軽い。日帰り登山などにオススメです。

しばし歩くも、紅葉の気配を感じることができない。

紅葉どこやねん。とか思いながらも進んでいきます。

笹ゾーンを抜けると紅葉ばーん。

一気に黄色と赤に染まるっているではないですか。後ろは雲海。

これまでの道は樹林帯なのでここまで来てやっと景色を楽しめる。

わずかではあるが雪が積もっていました!!まだ10月初旬だぞ。

動物の足跡がありました。

なんの動物なんだろう。もしかしたら世紀の大発見かもしれない。

さらに進むと苗場山の山頂が見えてきた。

右側だけ雪がついて白くなっている。この時期ならではの景色だな。

山頂の湿原に至るまでの最後の登りは急登。

一気に登って後ろを振り返ってみるとこれまた素晴らしい景色が広がっています。

雪もあるし、急だ。それでもグングン進んでいく。山頂はもう少しだ。

急登が終わると木道ここから一気に視界が広がります。

RPGの中にいるような幻想的な景色だああああ。

ウヒョーい。テンションあがるぞ。

ここが待ちに待った山頂。長かった。やっとついたぞ。

山頂の棒との記念撮影を終えたら、湿原散策。

池塘きれー。雪の感じが最高にちょうどいい。

一通り、散策したらご飯を食べて下山。

ちなみに苗場山頂ヒュッテがあるので、そこで宿泊したり、休憩したり、トイレ(100円)も借りれます。

日帰りも可能ですが、山小屋に泊まってゆっくりと景色を楽しむのも楽しそうです。

苗場山登山の後は街道の湯へ

さぁさぁ、登山の後は恒例の温泉コーナーです。

苗場山を降りて、かぐらスキー場の駐車場まで来た。

さて近くに温泉はあるかなーっと探すとなんと道路を挟んで目の前にあるではないですか!!

それが街道の湯。道の駅みつまたに隣接する温泉です。

雄大な自然を眺めながら入れる露天風呂と岩造りのお風呂で登山の疲れを癒しました。

街道の湯は、とにかく苗場山に近く、価格も500円と良心的なお値段なので苗場山登山の後はここに立ち寄りましょう!!

街道の湯について
料金:500円
場所:新潟県湯沢町大字三俣1000
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:火曜日(祝日の場合翌日)
電話:025-788-9229
関連:街道の湯

雪と紅葉に包まれた苗場山は本当に素晴らしかった。

今回の苗場山登山、景色が最高過ぎました。

紅葉目当てできたのですが、程よく雪の装飾もされていて想像していた倍以上楽しんでしまった。

山頂に広がる湿原は多くの池塘があり、幻想的な景色が広がっています。

さらっと書いてますがコースタイムは長いの早めに出発しましょうね!

是非一度、紅葉の季節に苗場山を訪れてみてください。

息を呑むような景色があなたを待ってます!

—ACTIBASEの登山グループで登山仲間を見つけよう—

The following two tabs change content below.
しょーま

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。