IMG_2328 (1)

EARTH GIRL【地球ガール】河端 美樹のプロフィール

スポンサーリンク






初めまして!

EARTH GIRL【地球ガール】の河端 美樹(かわばた みき)です。

幸福なことに、これから『チャレンジ』をテーマに記事を書かせていただくことになりました。

まずは私を知ってもらいたくて、プロフィールを書きました。

私が生きてきた18年間の人生です。

是非ご覧ください!

 

略歴

河端 美樹(かわばた みき)、またの名を『EARTH GIRL』。

地球ガールと書いて、アースガールと呼びます。

1999年生まれ 現在18歳。

大阪にあるエンターテイメントを目指す人が通う高校に在校中。

人として強くなるために、海・山・空など自然に挑む。

17歳の誕生日に東南アジア最高峰キナバル登頂
18歳の誕生日にアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂
今年の夏、オーストラリア大陸最高峰コジオスコ雪山に単独で登頂

アジア、アフリカなど14ヶ国ほど女子高校生バックパッカー一人旅を経験。

現在、世界中に『生きる希望』を与えるエンターテイナーになるため、様々なことに挑戦し発信中。

 

美しい樹の芽が生える

1999年3月29日に河端家の長女として生まれました。

私は美しく伸び伸びと育つようにと『美樹』と名付けられました。

父はサラリーマン、母は美容師で共働きだったので私は保育所に通っていました。

その頃、絵を描く・歌う・砂遊びなどが大好きでした。

保育所を辞めて幼稚園に入りたいと幼いながらも自分の意志を持ち楽しいと思う場所へ飛び込んでいく性格でした。

しかし、私にとって幼稚園は堅苦しく自分をあまり出せないところでした。

一人っ子だったので、家では一人でおままごとしたり人形遊びをしたりして想像力豊かな子に育ちました。

先生、大好き!小学生時代

記憶がほぼない低学年時代

小4まであまり刺激のない日々を送っていたので、『あれ?いつの間に二年生になってたの?』と自分の学年を認識していないぐらいボケーっとして生きていました

なのであまり記憶が残ってないのですが、私は幼い頃から人見知りというか恥ずかしがり屋でした。

人前で発言するときは顔真っ赤になり、声が震えていました。

でも、困ったことに私は目立ちたがり屋オンリーワンが大好きでした。

徐々に本性を出していき、三年生の時は『なんでも係り』を自分で作り、変な友達と二人でクラスのみんなに歌を教えて終礼の時みんなの前に出て歌ったりしていました。

幼い頃から、喘息で三回入院したりと病弱でしたがスイミングスクールに通い始めてだんだん健康になっていきました。

泳ぐことが大好きで、毎年夏にはおばあちゃん・おじいちゃんが住む石川県能登の海で泳いでました。

能登は田舎で自然に囲まれていたので、私は自然に自然が好きになりました

先生が大好きすぎて。。。

スポンサーリンク

小4の時に担任だった山田先生は若くて、熱血教師でした。

山田先生の熱さのおかげで、ボーッとしていた私はようやく目を覚ましました

山田先生は私を可愛がってくれて、私は単純で先生が大好きになりましたた。

山田先生に頭ぽんぽんして褒めてもらうために学級代表になりました。

それから私は毎日の学校生活を楽しむようになり、

小5は運営委員、小6は委員長と副部長と班長をしたり、運動会では校旗入場をしたりと生徒の代表となり動いていました。

なにより学校の先生たちが大好きでした。先生たちに喜んでもらいたくて職員室にも通ってお手伝いしていました。

他の学年の子たちとも仲良くなりたくて、私が小6の時には1年生から5年生にも友達がたくさんできていて、毎日休み時間に分けて全学年のクラスに遊びに行っていました

クラスには女の子のグループがいくつかありましたが、私はグループ関係なく皆んなと仲良くしていました

しかし、先生を困らせるうるさい男の子のたちだけ苦手だったのを覚えています。

そんな学校生活を送りながら習い事はピアノ、習字、そろばん、ダンス、スイミングなどに通ってましたが、
小5から塾に通い中学受験の勉強に追われるようになりました。

幼馴染が通う塾で一緒に勉強したいと思って入ったら、受験コースで私も中学受験することになり泣きながら塾に通うほど塾の宿題が辛かったです。

塾が忙しいながらも最後まで小学校生活を楽しんだ私は『先生たちと仕事がしたい』・『給食を食べたい』という理由で小学校の先生になりたいという夢を抱いて卒業しました

中学一期生

仲良い友達はみんなそのまま地元の中学に上がるので、どこか行きたい学校があれば中学受験してみようぐらいでしたが
行きたいと思う学校に出会ってしまったのです。

その中学は家から歩いて10分ほどの近くにあり、中高一貫で、なんと一期生だったのです。

私は一番、最初、初めて…そんな言葉が大好きなのでその学校に絶対通うぞ!と決め
受験し、無事合格しました

入学したばかりの頃は人見知り全開でしたが、だんだん本性が出てきてオリエンテーション合宿では私の名はマイケルと名乗りムーンウォークをしながら女子全員と友達になってました。

そして、一期生という前例が無いこの中学生活をより楽しもうと私は動き出しました

文化祭では全学年から女子を集めて、一からダンスを創作し舞台で踊ったり
クラスのリーダーとして台本からセッティングまで考え、新喜劇をみんなで作りあげました。
ちなみに私はシゲゾウ役でした。笑

体育祭では全部の競技に出場したり、誰よりも楽しんでました。

スキー合宿でも女子限定お楽しみ会をやったりとみんなの思い出に残ればと企画・イベントをしてました。

そうして、みんなが喜んで楽しんで思い出に残って欲しいという願いで行動してきた私は卒業式で知事賞を頂きました

サッカーガール

中2の時、なでしこジャパンがワールドカップで優勝したのをテレビで観て
すぐ影響される私はサッカー面白そう!やりたい!と思い、
部活の部長を辞め、自分で女子サッカーチームを探して入りサッカーを始めました
始めてのチームプレイ始めての遠征など始めての経験がいっぱいでとても楽しかったです。
中学の男子サッカー部にも練習に参加させてもらったりしてサッカーが大好きになりました

中高一貫なのでそのまま高校に上がった私は
高校サッカー部に男77人の中に私は入部し、過酷な部活生活が始まりました。

そんなにサッカーも上手くなく、体力や筋力もみんなと差がある私はみんなに追いつこうと必死でいつの間にかサッカーを楽しむことができなくなっていました

この時の私はこれから自分がどんな道を進むのか予想もしていませんでした

ワクワクの世界

高校にそのまま上がった一貫コースと高校から入学した他のクラスは授業や行事など分けられていて、私はとても苦痛でした。

唯一、救いだったのが担任の倉田先生でした。

その先生は変わっていて、いろんな変わっている人を学校に連れてきて講演していました。

ある日、先生が私にジョーの話は聞いた方がいいよと言ってきたので、私はそのジョーという人の講演に参加しました。

ジョーとは有名なYouTuberとして活躍している人です。

この時は日本一周や無一文でアメリカ横断をした旅の話をしてくれました。

私はジョーの話を聞いて始めて旅を知りすごくワクワクドキドキした感覚を今でも覚えてます。

そして私は旅を知った次の日の朝、旅に出ますという置き手紙を残し学校をサボり旅に出ました

ジョーが無一文で旅をしたという話が面白くて私もカメラだけ首からぶら下げて家を出ました。

旅=山だという発想だった私は六甲山へ登ってました。
山頂から小さな建物がたくさん並ぶ街を観て、私はあんな小さな所で悩んで苦しんでたんだなと気づき、世界は広い…私の知らない世界はたくさんある…自分の世界を広げたい!そう思いました。

そうして、私は学校の外の世界を知っていくことになるのでした。

イモトアヤコさんに救われた

高2の時、私は進路や部活、
そして企画していたことなどで悩み
学校以外で活動していたことも全て投げ捨て
何もやる気が出ず、家に引きこもり、病気になり、精神的にもおかしくなってしまいました。

自分の未来に可能性を持つことができなくなり、死ぬことばかり考えていたどん底の日々を変えてくれたのはイモトアヤコさんでした。

イッテQ登山部で登頂チャレンジするイモトさんの姿をテレビで観て、私も弱い自分と戦って今の自分から変わりたい生きる希望をもらったのです。

それから私はまた行動することができ、学校を休学してバイトをし旅の資金を貯め始めました。

そして、17歳の誕生日に私は東南アジア最高峰のキナバル山4095m登頂チャレンジし成功しました

始めての1人海外旅、富士山も登ったこともない登山未経験のチャレンジで不安もあったけど頂上に着いた時、私はまだまだいける!もっと上に行きたい!来年はキリマンジャロに登ろう!と自分と誓いました

そうしてこの春、18歳の誕生日にアフリカ最高峰のキリマンジャロ5895m登頂チャレンジ成功しました

アフリカはケニアから南アフリカまで縦断して、イモトさんとアフリカのどこかで会えるかもとセーラー服太眉姿で旅しました。

そんな風に行動してるうちに、イモトさんから希望を与えてもらったように私も誰かに勇気や希望、笑顔を与えるエンターテイナーになりたい!という夢を抱くようになり、
イモトさんとエベレスト登頂チャレンジを一緒にする!という目標ができました。

 

NEXT チャレンジ

この夏はオーストラリア大陸最高峰のコジオスコ雪山単独登頂チャレンジして成功し、自信がついた私は世界7大陸最高峰に挑戦することを決め、
私は来年の1月、南米最高峰のアコンカグアに登頂チャレンジします!

今回のチャレンジはスポンサーをつけ、支援してもらい登山動画を配信して多くの人に私の夢を叶えた姿を見てもらうため
私は今、発信や登山トレーニングを始めています

このブログでも私の挑戦を発信させてもらいます。
応援してもらえるよう全力で頑張ります!
今後ともよろしくお願いします!

—LINE@を登録する—

LINE@の使い方がわからない方はこちら

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

 

The following two tabs change content below.
地球ガール
Allor。大阪出身。1999年生まれの18歳。高校3年生。夢は世界中に生きる希望を与えるエンターテイナーになること。イッテQ企画でイモトアヤコの登頂チャレンジを観たことがきっかけで登山を始め、世界七大陸最高峰に挑戦中。そして、2018年夏から世界一周旅へ出発。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

地球ガール

Allor。大阪出身。1999年生まれの18歳。高校3年生。夢は世界中に生きる希望を与えるエンターテイナーになること。イッテQ企画でイモトアヤコの登頂チャレンジを観たことがきっかけで登山を始め、世界七大陸最高峰に挑戦中。そして、2018年夏から世界一周旅へ出発。