IMG_2328 (1)

登山リュックが汚い・臭い。そんなときの登山リュックの洗い方

スポンサーリンク






こんにちわ!アウトドア用品店で働いていたひろまさ(@HIRO)です。

登山リュックを洗濯機で洗うことはおすすめしません!

登山リュックを洗濯機で洗ってしまうと、登山リュックの中までしっかり洗えないだけでなく、傷がついてしまうっていうのと、登山リュック表面の加工が落ちてしまうからです。

そのため、登山リュックを洗う際は、浴槽等を用いて丸洗いしましょう!

登山リュックの丸洗いって本当に大丈夫なの?

って聞かれることがありますが、手で丸洗いする程度なら全然大丈夫です!

むしろ、泥や汚れがついていると、登山リュックの機能もすぐに悪くなるので、

汚れがひどい場合は、登山リュックを手で丸洗いしましょう!

モンベルのHPやその他大手メーカーのHPでも、汚れがひどい場合は洗ってメンテナンスすることをおすすめしています。

 

 

登山リュックの洗い方:事前にすること・準備するもの

登山リュックの洗い方:事前にすること

  • リュックの中身をすべて出す
  • リュックについているものをすべて取り除く(カラビナやレインカバー等)

登山リュックの洗い方:事前に準備するもの

  • 中性洗剤
  • 汚れてもいいタオル2枚
  • 使わなくなった歯ブラシ(なくても良い)
  • 洗濯する登山リュック
  • 場所:浴槽で洗うことをおすすめします。

登山リュックの洗い方:手順

手順は全部で3つです。

登山リュックの洗い方①浴槽にぬるま湯と中性洗剤をいれる

まず初めに浴槽の中に「ぬるま湯」と「中性洗剤」を入れてください。

スポンサーリンク

ぬるま湯は10cm~15cm程度で十分です。

中性洗剤は家庭にあるもので十分です。

弱アルカリ性とかの方が汚れは落ちやすいですが、登山リュックが痛む原因になります。

登山リュックの洗い方②登山リュックの汚れを落とす

  1. 登山リュックを浴槽に浸ける
  2. 汚れた個所をタオルや歯ブラシで擦る(優しく擦りましょう)

もし、それでも汚れが落ちない場合は、消しゴムで擦るのが効果的です。

そのあと、乾いたタオルで登山リュック全体を拭きます。乾かします。

登山リュックの洗い方③風通しの良い場所で陰干し

登山リュックが型崩れしないように、陰干ししましょう!

直射日光の当たる場所では、登山リュックが痛んでしまいますので注意しましょう!

登山リュックが臭いときの対処方法は?

登山リュックの中が我慢できるくらいの臭いであれば、「ファブリーズ」や「リセッシュ」などでカバーできます。

しかし、汗の臭いや食べ物の臭い等、少しキツイ臭いであれば、登山リュックを洗いしましょう!

臭い原因と場所が特定できるのであれば、部分洗いするほうが楽です。

部分洗いに関しては、タオルに「ぬるま湯」と「中性洗剤」を付けて登山リュックに擦ります。

登山リュックの洗い方:まとめ

登山リュックを洗う際は、洗濯機の利用はおすすめしません。

浴槽とぬるま湯、中性洗剤を使ってしっかりメンテナンスを行いましょう!

登山リュックを洗う際に準備するもの

  • 中性洗剤
  • 汚れてもいいタオル2枚
  • 歯ブラシ(なくてもいい)
  • 登山リュック

 

登山リュックを洗う際の手順

  1. 浴槽にぬるま湯と中性洗剤をいれる
  2. 登山リュックを浴槽に浸ける
  3. 汚い場所を優しく擦る
  4. 風通しの良い場所で陰干しする

以上で、「登山リュックの洗い方」についての説明を終了します。

 

—質問・お問い合わせ—

LINE@の使い方がわからない方はこちら

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

The following two tabs change content below.
ひろまさ
ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ひろまさ

ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。