IMG_2328 (1)

自宅でできる。超簡単なダウンジャケットの洗濯方法・洗い方

スポンサーリンク






こんにちわ。ACTIBASE編集長のひろまさ(@HIRO)です。

冬になるとダウンジャケットを利用する人多くなりますよね。

僕もそのうちの一人です。

今回は、そんな冬によく使うダウンジャケットの洗濯について伝授します!

そう実は、ダウンジャケットは自宅で洗濯できるんです!

ダウンジャケットの洗濯方法は、「手洗い」と「洗濯機」を利用する2つの方法があります。

クリーニングに出すやり方のが手っ取り早く楽ですが、ダウンジャケットの洗濯は非常に簡単ですので

ぜひ試してみてください!

ダウンジャケットの洗濯:事前準備

ダウンジャケットの洗濯(事前準備)①準備する

ダウンジャケットを洗濯する前に、まず準備するものがあります。

  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • 浴槽(お風呂)
  • バスタオル

ダウンジャケットを洗濯する際は、必ず中性洗剤を使いましょう。

理由は、ダウンジャケットに使われている羽毛はタンパク質からできているため、アルカリ性に弱いです。

ダウンジャケットを洗濯する際は、「アルカリ性」の含まれた洗剤は絶対にNGです!

スポンサーリンク

アクロンは家に1つあるとめちゃめちゃ便利です。

中性洗剤で型崩れ防止やヨレ防止などの成分も含まれているので、さまざななアウトドア用品のメンテナンスに利用できます。

登山リュックの洗濯にも利用できますよ。

ダウンジャケットの洗濯(事前準備)②洗濯表示の確認

左側:洗濯機の洗濯表示です。

右側:手洗いの洗濯表示です。

これら(上図)の洗濯表示があれば、自宅で「洗濯」、「手洗い」が可能です。

では、以下の洗濯表示がある場合はどうすればいいでしょうか。

これらは、「水洗い不可」の洗濯表示です。

しかし、洗い方を注意すれば、自宅で洗濯することが可能ですのでご安心を!

ダウンジャケットの洗濯(事前準備)③ファスナーやボタンを閉める

ダウンジャケットについている「ファスナー」、「ボタン」、「フック」などのものは必ず洗濯前に留めておきましょう。

外した状態で洗濯すると、ダウンジャケットの生地を傷める原因になります。

ダウンジャケットの洗濯:洗い方(手洗い編)

  1. 洗浄液作成
  2. 浸して押し洗い
  3. 水分を切ってバスタオルで包む
  4. 乾燥後、陰干し

ダウンジャケットの洗濯(手洗い編)①洗浄液を作成

「浴槽の中で行う場合」、「洗濯層の中で行う場合」もやり方は同じですが、

ダウンジャケットが浸かる程度にぬるま湯(30℃前後)を張ります。

洗剤の量を考慮したうえで、適度な濃さの液を作ります。

ダウンジャケットの洗濯(手洗い編)②浸して押し洗い

先ほど作った洗浄液にダウンジャケットを浸します。

また、そのあとは、畳むような感じで浴槽へ浸します。

これを、30回~40回ほど押し洗いを繰り返します。

グシャグシャ丸めながら浸すと羽毛を傷める原因になるので止めましょう。また、こすることも止めましょう。

繰り返し押し洗いをすると、ダウンジャケットから汚れが出てくるため、浴槽が汚くなります。

その場合はぬるま湯を取り換えますが、

ぬるま湯の汚れがなくなるまでこの押し洗いを繰り返しましょう。

ダウンジャケットの洗濯(手洗い編)③水分を切りバスタオルで包む

洗い終えたダウンジャケットを脱水します。

用意したバスタオルで水分を吸い取るように脱水しましょう。

バスタオルとバスタオルの間にダウンジャケットを挟んで脱水すると生地を傷めずに脱水することができます。

ダウンジャケットの洗濯(手洗い編)④脱水後、陰干し

ダウンジャケットが乾燥したら、風通しの良い場所で陰干しを行います。

しかし、その時に注意が必要です。

必ず、ダウンジャケットの形を整えてから、ハンガーにかけるようにしましょう!

ダウンジャケットの洗濯:洗い方(洗濯機編)

ダウンジャケットの洗濯(洗濯機編)①ダウンジャケットは洗濯ネットへ包む

ダウンジャケットをバスタオルに包んで「洗濯ネット」に包みましょう!

もし、洗濯ネットに包まずにダウンジャケットを洗濯してしまうと、

ダウンジャケットの生地が傷むだけでなく、洗濯機にトラブルが起こる原因にもなります。

また、利用する洗剤は「中性洗剤」です。

ダウンジャケットの洗濯(洗濯機編)②洗濯機は「手洗い設定」などの「優しい設定」で作動

洗濯機の設定は「優しい設定」にしましょう!

ダウンジャケットを洗濯する際に、「通常設定」で洗うとダウンジャケットを傷めてしまいます。

洗濯機の種類によって、名前が変わりますが「優しい設定」で洗濯するようにしましょう!

ダウンジャケットの洗濯③超短時間脱水の繰り返し

脱水時間は30秒~60秒で「超短時間脱水」を繰り返します。

長時間で脱水を行った場合、ダウンジャケットが傷んでしまうだけでなく、形がゆがみます。笑

そうならないようにするためにも、ダウンジャケットの脱水は超短時間で繰り返し行うようにしましょう!

ダウンジャケットの洗濯④脱水後、陰干し

丈夫(太め)なハンガーを用いてダウンジャケットが落ちないように風通しの良い場所で陰干ししましょう!

Tシャツにかける程度のハンガーを用いてダウンジャケットをかけてしまうと、

ハンガーがダウンジャケットの重さに耐えれずに落ちてしまいます。

風通しの良い場所で3日間程度、陰干ししましょう。

直射日光の当たる場所で干してしまうと、ダウンジャケットが痛む原因にもなります。

ダウンジャケットの洗濯:まとめ

ダウンジャケットを洗濯する際に必要なものは以下のものです。

  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • 浴槽(お風呂)
  • バスタオル

そして、ダウンジャケットの洗濯方法は、「手洗いパターン」と「洗濯機パターン」の2通りあります。

①手洗いパターンの手順は、

  1. 洗浄液の作成
  2. 浸して押し洗い
  3. 水分を切りバスタオルで包む
  4. 脱水後、陰干し

②洗濯機パターンの手順は、

  1. 洗濯ネットへ包む
  2. 洗濯機の設定は「優しい設定」で実行する
  3. 超短時間脱水の繰り返し
  4. 脱水後、陰干し
ダウンジャケットを洗濯機を用いて洗う場合も、汚れをスポンジ等で落としてから洗濯機に投入してくださいね。

最後に、ダウンジャケットを洗濯する際は、

中性洗剤を利用し優しく洗うことです。

ダウンジャケットを傷めずに長いスパン利用できるためにも

メンテナンスはしっかり行いましょう!

 

—質問・お問い合わせ—

LINE@の使い方がわからない方はこちら

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

The following two tabs change content below.
ひろまさ
ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ひろまさ

ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。