IMG_2328 (1)

やばい!防水性と防寒性を兼ね備えた靴下(Waterfly)が出た!

スポンサーリンク






こんにちわ!ACTIBASE編集長のひろまさ(@HIRO)です。

これはやばいですよ。本当に。

靴下の常識を覆しましたよ…

Waterflyが出した「防水ソックス」なんですけど、

もうこれはね、すべてのアウトドアで使えるし日常でも利用できるので今後めちゃめちゃ流行ると思いますよ!!!

まじですごいんです!!!

Waterflyの防水ソックスってどんなものなの?

通勤中に雨だと、靴下びしょびしょになるじゃないですか。

登山中って急に雨が降り出してきたりするじゃないですか。

釣りなどの水辺でのアウトドアスポーツも靴下濡れたりするじゃないですか。

スキーとかスノボーも雪が靴の中に入ってビッショーってなるときあるじゃないですか。

このWaterflyの防水ソックスは、雨による侵入を防いでくれるし、

靴下の中まで水が侵入することがないんですよ!!!

冬の時の、おすすめの履き方は、通常の靴下の上に、このWatarflyの靴下を履く2枚履きをおすすめします!

Watarflyのこの靴下は、防水機能だけでなく防寒機能もあるんです!

Waterflyの特徴はこれだ!

Waterfly防水ソックス特徴①:100%防水

Waterflyの3層防水の製造技術によって、100%シームレス防水で透湿性が高く、雨や雪で大きく役立ちます!

シームレス:継ぎ目がないこと。縫い目がないこと。

Waterfly特徴防水ソックス②:3層防水構造

どのような三層構造になっているのか。

  • アウター層:耐摩耗性の高い素材を利用(ポリアミド繊維)
  • 中間層:高性能の防水被膜を利用(ポリウレタン型被膜)
  • インナー層:透湿性に優れたウール界のキング、メリノウール

このような構造になっているため、めちゃめちゃ頑丈だし、なんといっても

メリノウールを素材を使っているから足が蒸れずに快適に過ごせるのもいいところですよね!

Waterfly特徴防水ソックス③:多機能

暖かいところ、柔らかい感触、透湿性

これらの機能を備えているので非常に足は快適に過ごせます。

雨の日に靴下が濡れた足のコンディションとかマジで気持ち悪いっすよね!笑

Waterfly特徴防水ソックス④:四季で利用可能

防水機能だけでなく、防寒機能、透湿性、通気性に優れているため一年中利用できます!

というのも、メリノウールを利用しているのが理由としてデカいですね!

メリノウールの特徴

  • 優れた保湿効果で汗冷えしにくい。
  • 湿気を吸収し放湿するので蒸れにくい。(調湿効果)
  • 冬は暖かく夏は涼しい。(エアコン効果)
  • 素材自体にUV効果がある。
  • 防臭効果がありニオイにくい。

Watarflyの防水ソックスのまとめ

今回紹介した、Watarflyの防水ソックスは本当に今後みんなが履くんじゃないかってくらいめちゃめちゃ流行ると思います!

利用用途

  • 雨の日の通勤中
  • 登山や釣りなどのアウトドア全般特徴

 

特徴

  • 防水機能
  • 防寒機能
  • 透湿性
  • 通気性

ぜひ、みなさまもこのWatarflyの靴下を試してみてください!

このWatarflyの靴下の柔らかい感触に虜になると思いますよ(^^)

 

—質問・お問い合わせ—

LINE@の使い方がわからない方はこちら

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

The following two tabs change content below.
ひろまさ
ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ひろまさ

ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。