IMG_2328 (1)

【日本百名山】日本海と北アルプス2つの景色が楽しめる雨飾山で紅葉登山

スポンサーリンク






こんにちは。きたむーです!

今回は9月下旬に行った雨飾山をご紹介したいと思います。

雨飾山は山頂から360°の展望があり、日本海とアルプスを見渡すことができます。

また、紅葉シーズン(例年の見頃は10月中旬)には人気の山でたくさんの登山客で賑わうそうです。

少し紅葉には早かったですが、緑の中に色づき始めている葉もあり一足早く秋を感じることができました。

神の山と言われる雨飾山とは

『日本百名山』の一つに選ばれた雨飾山。

長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市との県境にある、標高1,963.2mの山で妙高戸隠連山国立公園に属しています。山頂からの360°の展望は素晴らしく、2,000mに届かない山ながら、多くの登山者が訪れます。天候に恵まれれば、日本海を望むこともでき、糸魚川の漁師たちが海に出たときの目標にもなっていたそうです。

五穀豊穣を願う、神の山

雨飾山の特徴は「猫の耳」と呼ばれる二つの山頂で、双耳峰の南峰には三角点があり、北峰には石仏が並んでいます。
雄大なその姿は、集落を守る神の山として、人々から慕われています。

雨飾山の名前の由来

山頂に祭壇を祭り雨乞い祈願をしたことが、雨飾山の名前の由来と伝えられています。

雨飾山登山道

登山道は主に2つ。新潟県側の雨飾温泉から登るルートと長野県側の小谷温泉から登る2つのルートがあります。深田久弥はオモテとウラがあるなら新潟県側がオモテだと言っていますが、今回は東京からアクセスの良い長野県側から登りました。

雨飾山の駐車場

今回は日曜日に行きました。雨飾高原キャンプ場の駐車場に5時ごろ到着しましたが、多くの車が停まっており満車に近い状態でした。

 雨飾山について
名称:雨飾山(あまかざりやま)
標高:1,963m
場所:新潟県糸魚川市、長野県北安曇郡小谷村
駐車場:雨飾高原キャンプ場駐車場(約50台/無料/トイレ有)
アクセス:長野自動車道安曇野ICから約80km
コース:雨飾高原キャンプ場→雨飾山山頂ピストン
コースタイム:往復6時間30分

 

雨飾山へ登山スタート

6時20分登山開始です。今回のメンバーはACTIBASEの登山グループで集まった女4人男1人。ACTIBASEは登山ボーイが少ないです。登山ボーイの皆様の参加をお待ちしております。

雨飾山登山はこの雨飾高原キャンプ場からスタートです。キャンプ場にはテントも貼ってありました。ここに前泊して雨飾山に乗り込むのも有りですよね。

歩き始めは木道ですが、すぐにアップダウンが始まります。傾斜があるところも多く慎重に進んでいきます。木の中を1時間半ほど歩くと突然開けた場所が見えました!!

荒菅沢に到着です。まさにオアシスです!!

スポンサーリンク

手をつけてみると冷たくてとっても気持ちいい。油断して長居してしまいました。

沢からはとにかく登ります。途中から尾根に出ます。とっても綺麗な尾根を歩きます。景色も抜群です!朝はとっても寒かったですが、尾根に出ると日が当たってとっても暑い!標高もそれほど高くないのであっつーい。

途中、木のはしごもあり美しい景色とバリエーションに富んだ登山道が飽きさせません。ワクワクしますが気をつけて通りましょうね。

ひたすら登ると平らなところに出ます。笹平と地図にありますが、本当に笹だらけです。

笹の緑の中にところどころ紅葉している葉があってとっても綺麗です。平らなので周りの景色をゆっくりと楽しみながら進みます。

雲に隠れていますが、奥は日本海っぽいですね!

最後30分ほど登ると山頂です。雨飾山は2つの山頂がある双耳峰で猫の耳とも呼ばれているそう。2つの山頂の間はとっても近いです。山頂からは少し雲がかかっていていましたが北アルプスが見えました!

山頂からの笹平が美しすぎました。

雲が多かったですが、360°の景色を楽しみました。

集合写真を撮って、ご飯を食べて下山です。ご飯を食べ終わった頃には雨飾山の山頂も雲の中。

雨飾山登山の後は小谷温泉奥の湯へ

下山後は雨飾山の登山口から車で10分ほど降りたところにある雨飾荘。登山基地として多く利用されています。お風呂でお会いした方も雨飾山下山後の方で、雨飾荘に泊まるといっていました。下山後に温泉入って、ビール飲んで、ここで寝れたら至福以外何者でもないですね。

お風呂は、源泉をぜいたくにかけ流した内湯と目前に迫る山容と星空を一望することができる露天風呂があります。露天風呂もあり、静かな雰囲気の中ゆっくりと疲れを癒すことができました。

小谷温泉 奥の湯について
料金:700円
場所:長野県北安曇郡小谷村中土18926-1
営業時間:午前12時~夕方
定休日:休館日あり(お問い合わせください)
電話:026-185-1607
関連:小谷温泉 奥の湯

秋の雨飾山登山で至福のひと時を

雨飾山は北アルプスや日本海を望める展望オアシスやはしごのあるバリエーションに富んだ登山道もとっても素晴らしかったです!

また、色付いた笹平はとっても魅力的ですので紅葉の時期に行かれることをオススメします。

東京からでも日帰りで楽しめる山ですので是非一度雨飾山登山をしてみませんか?

—ご質問はこちらから—

—ACTIBASEの登山グループで登山仲間を見つけよう—

The following two tabs change content below.
kitamuu

kitamuu

大学時代に友達に誘われ八ヶ岳を縦走し登山に魅了された。社会人になりさらに深く山にハマってしまい、休みがあれば山へ行く日々を過ごしている。そしてキャンプも大好き。おしゃれキャンプに憧れている。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kitamuu

大学時代に友達に誘われ八ヶ岳を縦走し登山に魅了された。社会人になりさらに深く山にハマってしまい、休みがあれば山へ行く日々を過ごしている。そしてキャンプも大好き。おしゃれキャンプに憧れている。