IMG_2328 (1)

【1度は行きたい】木更津ワイルドビーチで極上のグランピング体験

3A0B4xvDt8s8sVE1488814322_1488814492

スポンサーリンク




こんにちは!

最近登山ばかりしていたので、キャンプ欲が最上級に達していました。

ACTIBASEブロガーゆうやです。

thumb_IMG_6467_1024

みなさんグランピングってご存知ですか?

グラマラス(魅力的)キャンピング(キャンプ)の略で、

巨大なテント、エアコン付きのコテージなど

通常のキャンプでは考えられない豪華なキャンプです。

普通のキャンプしかやったことない我々はこう思った。

「そんな快適なキャンプできんの?サバイバル感んこそがキャンプの醍醐味じゃないの?」

そこで実際にやってきましたグランピングコテージでキャンプを。

 

そしたら、

めっちゃ楽しかったんです本当に。快適すぎた。

ということで今回我々が行ってきた木更津のキャンプ場・ワイルドビーチをご紹介。

木更津のワイルドビーチでリッチなグランピング

thumb_DSC00336_1024

今回行ってきたのが千葉県木更津にあるWILD BEACH(ワイルドビーチ)というキャンプ場。

WILDBEACH (ワイルドビーチ) 詳細
住所:千葉県木更津市金田東2-10-1

公式HP:http://wildbeach.jp

車アクセス:
東京・神奈川方面から 東京湾アクアライン木更津金田ICから5分
千葉・館山方面から  東京湾アクアライン連絡道木更津金田ICから5分

電車アクセス:
JR内房線袖ヶ浦駅からバスで10分
JR内房線木更津駅からバスで20分

高速バスアクセス:
東京駅から45分(「三井アウトレットパーク 木更津」下車徒歩5分)
横浜駅から42分(「三井アウトレットパーク 木更津」下車徒歩5分)

近隣施設:三井アウトレットパーク木更津、ベイシア、ケーズデンキなど
こんな方にオススメ:寒い冬でもキャンプしたい方、リッチなキャンプしたい方

ワイルドビーチでグランピング! リッチなテントスタイル

thumb_IMG_6442_1024

WILD BEACHでのテントキャンプは全てがグランピング。

大型のベージュコットンテントに、おしゃれなソファや木製のテーブル、椅子が付いている。

外で焚き火やバーベキューを楽しみ、疲れたらテント内の優雅なリビング空間でゆったり。

お金をかけて、準備しないとこんな空間はなかなか作れません。

また、全てのテントが設置済なので、設営の必要なし。

テントの設営、撤収時間がなくてすごい楽。

遊んだり、お話ししたり、料理したりする時間がめちゃくちゃ増える。

いつもテントでキャンプする人も、

たまには設置済のリッチテントでグランピングしちゃうのもおすすめ。

ワイルドビーチでグランピング! さらにリッチなキャンピングホテルスタイル

IMG_2203

まさに異空間。

3種類の別格スウィートルームコテージでグランピングを楽しむことができます。

いつものコテージと違いすぎだろと思うほど、快適な空間。

しかも、全て1階にジャグジーのお風呂が付いています。(貴族かっ!)

2階の洒落すぎたリビング寝室。

広いバルコニーで焚き火やバーベキューを楽しめます。

ここに慣れてしまうと普通のキャンプできなくなるかもしれぬ笑

1、ヴィンテージブラック

出店:WILD BEACH

シックで大人な雰囲気を放つヴィンテージブラック。

オリジナルのデザイン暖炉もあり、ダンディーなコテージキャンプしたい方はこちら。

2、フェミニンホワイト

出典:WILD BEACH

出典:WILD BEACH

キャンドルやシャンデリアで素敵なお城の中みたいな雰囲気を放つフェミニンホワイト。

真っ白なソファベットでゆったりお姫様気分を味わいたい女子にぴったり。

3、サファリブラウン

出典:WILD BEACH

出典:WILD BEACH

アースカラーに包まれ、エスニック絨毯や木製ブランコが特徴的なサファリブラウン。

いつものキャンプとは一味違う、リッチなサファリキャンプをしてみたい方はこれ。

ワイルドビーチはここが便利!

IMG_2178

①都心からすぐ着く

めちゃくちゃ近い。

横浜からレンタカーで行ったのですが、

神奈川と木更津をつなぐ東京湾アクアラインを使い、1時間ほどで到着してしまいました。

こんな近くでグランピングできる場所あったんかい!と感激。

②アウトレットやスーパーがすぐ隣

巨大な木更津アウトレットの隣にあります!

僕ら早く着きすぎて空いた時間あったので、

アウトレットに買い物行きました。

また、アウトレットの裏側にベイシアが!!

でっかいスーパーなので、事前に準備する食材などなんでも揃います。

俺らが楽しんだワイルドビーチのグランピングプラン

IMG_2191
スポンサーリンク

今回僕らが行ったのはこれ。

thumb_IMG_6450_1024

キャンピングホテルのフェミニンホワイト!!!

可愛いサイがお出迎え。

「なにここ城ですか?」って思いました。

ベットが広すぎて20人くらい寝れそうです。

部屋には、Bluetoothで接続可能なスピーカーが置いてありました。

ガラスのコップ4つとマグカップ4つがありました。

そしてそして、ここワイルドビーチには場内に浜辺ゾーンがあります!

thumb_IMG_6459_1024

真冬(2月)なのに、海に行った気分。

thumb_IMG_6463_1024

ちょい寒の中、浜辺のビーチベッドで夏気分。

写真撮りまくりました。

IMG_2591

さて、早速我らの基地に戻ってキャンプ飯つくっか!!!

thumb_IMG_6428_1024

アヒージョ(フランスパン付き)に、

thumb_IMG_6425_1024

パエリアに、

thumb_DSC00325_1024

ししゃもを焼く!

むっちゃうまかったああああ!!

thumb_IMG_6470_1024

もちろん焚き火も!

焚き火とバーベキュー同時にできる焚き火台を使って、美味しくあったかく。

thumb_IMG_6445_1024

バルコニーから近くの綺麗な観覧車が!!!

これ見ながら飲むビールは格別でしかない。

thumb_IMG_6444_1024

終わったらジャグジーのお風呂でゆったり。

1日の疲れがぐっと取れます。

ゆったり巨大なベットで就寝。

thumb_DSC00322_1024

何と言っても朝が良かった。

建物がないので、東京湾ががっつり見える。

清々しさ半端じゃない。

ワイルドビーチでのキャンプはリッチな気分を味わえる最高のひと時

thumb_IMG_6465_1024

ワイルドビーチでこんな素敵なキャンプしてきました。

いつものキャンプもいいけど、

たまにはリッチなグランピングもいいもんだなあ。

都心から近くて便利なので、いつでも行きたくなっちゃいそう。

良かったらみなさんもいつもと一味違ったグランピングを

WILD BEACHで味わってみてわいかがでしょうか!

 

以上、ACTIBASEブロガーゆうやのWILD BEACHグランピングのご紹介でした。

The following two tabs change content below.
ゆうや

ゆうや

アウトドアメディアACTIBASEブロガー。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。
スポンサーリンク
3A0B4xvDt8s8sVE1488814322_1488814492

ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうや

アウトドアメディアACTIBASEブロガー。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。