手ぶらでOK!初心者のための新型キャンプフェスNewbie Camp

スポンサーリンク






こんにちは、しょーま(@MofMof21)です。

肌寒くなってきてすっかり世間は秋模様。秋といえばキャンプ。

寒すぎず暑すぎない秋はキャンプに最適の時期ですよね?

でも、キャンプをしたいけど車がない、道具がない、仲間もいない。キャンプを始めたいけれどどうやって始めればいいかわからない。そんな方々おりませんか?

そんなキャンプを始めたいけど中々踏み出せないあなたに向けた新しいフェスがあるんです。

その名もNewbie Camp

今回はNewbie Camp仕掛ける運営メンバーを直接取材してきました!

今回集まってくれたのは3人。左から、カエちゃん、エンジョルマン、キヨちゃん

Newbie Campとは

ーーこんにちは、早速ですがNewbie Campって何ですか?

みんながキャンプを始めるきっかけになりたい。

エンジョルマン:車がなくても、道具がなくても、友達がいなくてもキャンプを始めるきっかけを作る。そんな想いで始動したのがNewbie Campです。テントや寝袋や椅子などキャンプに必要な道具は運営側ですべて用意しているので参加者は身一つで会場に来ればOK。会場も新宿駅から1時間半の電車とバスで行けるキャンプ場を貸し切っており、車がなくても参加ができるんです。

ーーそれなら初心者も安心してキャンプができますね!でもどうしてキャンプフェスをやろうと思ったのですか?

やりたいことがあるなら行動

エンジョルマン:最初は僕のでっち上げだったんですよね。フェスをやりたいという夢があって、どうやったらフェスはできるのか勉強をしていました。やりたいことがあるなら行動したいと思って勇気を出して仲間を誘ってみたんです。一緒にキャンプ行った帰りの車で「フェス一緒にやらない?」って。

スポンサーリンク

キヨちゃん:エンジョルからの突然の告白に驚きましたが、私も元々、コンサートやイベント関連の学校に行っていたのもあって今も音楽関係の仕事をしています。なのでイベントとかフェスとかに興味があったんですよね。キャンプも好きだしこの誘いに乗りました。

エンジョルマン:それからこのブロジェクトが始まって、カエちゃんとカリンさんも誘って今は4人で活動しています。

ーーなるほど素晴らしい行動力ですね。コンセプトはどうやって決めたんですか?

エンジョルマン:フェスをやることが決まり、そこから「どんなフェスを作るか」考え始めました。それを考えているうちに思ったのは「自分たちの出会いは何か」。

キャンプフェスのボランティアで仲間と出会った

カエちゃん:私たちの出会いは、某キャンプフェスのボランティアスタッフ。その時、私たちはテントもチェアも寝袋も持っていませんでした。でもキャンプに興味があった。だからフェスのボランティアとして参加すれば、テントや車も誰かにシェアしてもらえるし、フェスにも参加出来るし、何よりキャンプ好きの仲間と出会える。それでボランティアスタッフの説明会に行きました。

エンジョルマン:そうそう、それで説明会でたまたま近くに座っていたのが僕たち。みんなで車やテントをシェアして、一緒にボランティアに行ったんです。

キヨちゃん:そのイベントを通じて仲良くなって、イベントが終わった後もみんなでキャンプに行くようになったんですよね。

ーー何もなくてもキャンプフェスのボランティアに参加してみたら新たな扉を開いてしまったわけですね!

キヨちゃん:はい、キャンプの知識や道具がなくてもキャンプフェスのボランティアを通じて、今のキャンプ仲間と出会えたし、やっぱりキャンプっていいなって思ったんですよね。

エンジョルマン:それを思い返すとキャンプに興味があるけど、道具がなかったり、知識がなかったり、仲間がいなかったりでキャンプができないのはもったいないなぁと思いました。だから私たちが初心者でも手ぶらで参加出来るキャンプフェスを立ち上げようと決めたんです。それからは毎週のようにミーティング。カフェに集まったり、テレビ電話をして、どんなフェスにしていくかとことん考えました。

タイトルやロゴには初心者ファーストの意を込めて

ーーNewbie Campの名前の由来は?

エンジョルマン:名前を決めるのには時間がかかりました。コンセプトは決まっていたのですが、みんなが納得する一つに絞るのが大変で。。。僕が閃いた「パンプキャンプ」も砕け散りましたし。

カエちゃん:あれはなかったね。。。

エンジョルマン:お客さんにジェントルに接する「ジェントルキャンプ」も絶対いいと思ったのですが残念ながら却下されました。。

キヨちゃん:あったね!『脱サラキャンプ』もあったよね。。

カエちゃん:あったあった!

キヨちゃん:でも初心者をキーワードに改めて考えてみて。”Newbie”というワードを見つけたんです。”Newbie”はスラングで初心者という意味で、私たちがやりたいコンセプトが詰まっているなと思って。

ーーロゴも自分達で作ったんですか?

かえちゃん:友人のデザイナーさんに頼みました。キーワードは『初心者』と『キャンプ』。初心者マークをテントに見立てて、フォントもオリジナルのものを作ってもらいました。”A”がカラビナになっているんですよ。とっても気にっているロゴです。

エンジョルマン:あとロゴを作ってもらう前にデザイナーさんにキャンプを体験してもらいました。実際にキャンプを楽しんでもらってイメージが湧いたらいいなぁと。

Newbie Camp運営メンバーの想い

ーーNewbie Campを通じてどんなことをしていきたいですか?

エンジョルマン:イベントで繋がった方々でキャンプのコミニュティを作って、キャンプの楽しさを発信していければいいなと思っています。大規模なイベントも作ってみたいです。

カエちゃん:キャンプが「会社と家以外のサードプレイス的な場所」になるといいな。このイベントで今まで出会わなかった人と出会って、行動の範囲も広がって。そんな風に、人の世界を広げる手伝いをしたいです。

キヨちゃん:私は音楽の仕事をしているのもあるんですけど、音楽が好きな人がキャンプにはまったり、キャンプが好きな人が音楽にはまったりするキッカケを作りたいです。キャンプや音楽を通じて、趣味がなくて人生つまんないって思っている人にも生きる楽しみを作っていきたいです。

Newbie Campに参加して新たな扉を開こう

今までキャンプをしたことがない人でも安心して参加できるキャンプフェスNewbie Camp。今回取材してみて運営メンバーからはキャンプ愛がビシビシと伝わってきました。こんなにキャンプを愛する人達が作ったフェスなら絶対に楽しいじゃないですか。

道具がなくても、車がなくても、参加できる。ここに来れば嗜好の近い仲間もきっと見つかるはず。何か新しいことを始めたいという方、キャンプに興味があるけど中々始められなかった方、是非この機会にNewbie Campに参加してみてはいかがでしょうか?

きっとあなたの人生を豊かにする新たな扉が開けるはず。

The following two tabs change content below.

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。