冬も登れる女神茶屋ルートで11月の蓼科山日帰り登山!

スポンサーリンク






こんにちは、毎週登山を楽しんでますアウトドアマンのしょーま(@shoma_act)です。

今回はACTIBASE登山コミュニティの登山仲間と日本百名山の蓼科山で登山をしてきました!

前回はコースタイム3時間の7合目からのルートで登りましたが、今回は女神茶屋という下から登るコースで11月の蓼科山に挑戦。初心者向けの7合目からのルートと違って最初の平坦道を越えたら結構急登。ですが南アルプスや中央アルプス、八ヶ岳の主峰も見えて登っている最中の景色はこちらの方が良いです。

そんな女神茶屋から登る蓼科山の登山レポートです!

蓼科山

  • 日本百名山
  • 八ヶ岳中信高原国定公園に含まれる火山
  • 広々とした山頂、360度の絶景
  • 初心者にオススメ

登山日:2018年11月25日

 蓼科山について
名称:蓼科山(たてしなやま)
標高:2,531m
場所:長野県茅野市・北佐久郡立科町
駐車場:すずらん峠園地駐車場(約50台/無料/トイレ有/電波有)
アクセス:中央道諏訪ICより22km
コース:女神茶屋登山口→山頂(ピストン)
コースタイム:往復約5時間(登り3時間/下り2時間)

蓼科山山頂の絶景を目指して女神茶屋から登山開始!

始発で東京に集合してすずらん峠園地駐車場へ到着。駐車場には綺麗目のトイレと登山届けBOXがあったのでカキカキ。駐車場からほんの少し歩いて女神茶屋の向かいの側の登山口から登山開始!

みきちゃん
わー、笹いっぱいだー!
ゴーちゃん
ね!歩きやすいし!

最初は平坦な笹道歩き!背が低い笹なので見通しも意外となく普通の樹林帯とはまた違った雰囲気を味わうことができる。今日は快晴で天気が良すぎるので気分も高揚してぐんぐん歩いていきます。

まだまだ笹の道。密集度の低い背の高い木々が笹から伸びている景色も美しい。7合目からのコースではこんな道も通らないのでこの笹ロードを通れるのは女神茶屋から登ったものだけ。

スポンサーリンク

笹ゾーンを抜けると石ゾーンに突入。今まであった笹は無くなって一気に石の道になります。これはこれで良い。

みきちゃん
ここ光の感じがいい感じー!
ゴーちゃん
確かに、写真スポットだね!

進んでいくと少しだけ開けた場所があって、そこは木々の隙間から太陽の光が注ぎ込まれているような幻想的な世界が広がっていてランドネみたい!ってみんなのテンションがあがってる。

さらに進んでいくとすっきりと晴れた青空を求めるように伸びる枝も葉もない大量の白樺たちがいた。本当に吸い込まれるような青、これこそまさに八ヶ岳ブルーですね!

ここら辺に来るともう完全に足元は岩で埋め尽くされている。ここから山頂まではずっと岩の道だ。

振り返るとこんな景色が広がっている。景色を見ながら登れるのがこの女神茶屋からの醍醐味。南アルプスと中央アルプスが見える。

みきちゃん
ゴロゴロで楽しー!
確かに!みきちゃんみたいだね!!
みきちゃん
そうそう、私みたいって、、、おい、誰がゴローニャだよ!

樹林帯を抜けて山頂ゾーンに入ると岩がめちゃめちゃでかくなる。これが蓼科山ならではの景色でここまで来れば山頂はめと鼻の先。

後ろにはこんな景色が広がっていて麓まで綺麗に見えます。

みきちゃん
やったー!ついたー!
ゴーちゃん
絶景だけど、めっちゃ風強いねーー!寒い!

そしてついに山頂に到着!遮られるもののない360度の絶景が美しい。でも風がめっちゃ強いから早めに退散です。山頂でもっとゆっくりしたかった。。。

天気良すぎるけど風が強いので絶景を見ながら岩陰に隠れてのご飯!寒い!

景色も道も美しい女神茶屋ルートで蓼科山

笹から始まって、森に入って、岩を超えていく変化に富んだ道。女神茶屋のルート始めてだったけど、景色も良くて登山道も楽しくて想像以上に良かった!

7合目から登るルートよりは少し長いけれど、それでも往復5時間位で登れるのでこっちのルートもそれほど長いわけじゃない。山頂も見晴らしがいいので、最初から最後まで楽しめる山なので是非是非こちらのルートも挑戦してみてください!

登山に一緒に行く人が周りにいない、登山に行ってみたいけど不安という方はACTIBASE登山グループを是非ご利用ください。同年代の登山仲間がきっと見つかりますよ!

—ACTIBASEの登山グループで登山仲間を見つけよう—

The following two tabs change content below.

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。