軽量で電池不要!ソーラーパフミニが全登山者必須の7つの理由

スポンサーリンク






こんにちは、アウトドアギア研究家のしょーま(@shoma_act)です。

みなさん、テント泊の登山やキャンプの時、テント内のライトどうしてますか?

ヘッドライトだけでもいいですが、テント内を均一に明るくしたい、外に出るときにヘッドライトを装備しなおすのも面倒。。できればテント内ではストレスなく快適に過ごしたいですよね!

そんな皆さんにオススメしたいのが、ソーラーパフミニです!

テント泊のライトにはソーラーパフミニが超絶オススメ

ソーラーパフ ミニはランドポート社が出している、ソーラパフ(75g)の小さい版として発売されました。明るさは下がりましたが、大きさも小さくなってより持ち出しやすくなったのです。

人数がいるキャンプで使うならソーラーパフ、登山ならより軽いソーラーパフミニがオススメです。

ソーラーパフとソーラーパフミニの比較

ソーラーパフとソーラパフミニで何がどのくらい違うのか比較してみます。

ソーラーパフ ソーラーパフミニ
重さ 75g 55g
明るさ (弱)60ルーメン、(強)90ルーメン (弱)約15ルーメン、(強)約30ルーメン
サイズ 11×11×11cm、(収納時)11×21×1.5cm 8.5×8.5×8.5cm、(収納時)8.5×17cm×1.5cm
点灯時間 (強)6時間、(弱)12時間 (強)10時間、(弱)13時間

 

ソーラーパフ ミニがオススメの7つの理由

多くのアウトドアブランドがこぞって販売しているアウトドアライトですが、その中でもソーラーパフをオススメする7つの理由を解説します。

ソーラーパフ ミニがオススメの理由①軽量

もう恐ろしいほど軽いです。その軽さ、55グラム。

なんと卵(60グラム)よりも軽いです。

この重量なら荷物の多いテント泊の登山でも負担にならない。

ソーラーパフ ミニがオススメの理由②コンパクト

ソーラーパフを語る上で外せないのが、伸縮するということです。ソーラーパフは8.5cm x 8.5cm x 8.5cmの6面体のランタンです。このサイコロ型のランタンをワンタッチで厚さ僅か1.5cmに折りたたむことができます。なのでバックパック内の隙間にも入るし、行動中に外付けしてソーラー充電していても邪魔になりません。もちろん組み立ても簡単で、上下にあるベルトを引っ張るだけ!

ソーラーパフ ミニがオススメの理由③ソーラー充電

ソーラーパフはその名の通り、ソーラー充電を採用しているので電池の交換が不要です。ソーラーパネルを5-7時間直射日光に当てるだけでフル充電になります。窓越しの日の光でもOK。日中充電しておけば一晩十分に点灯します。電池いらずのソーラー充電で最大13時間点灯

ソーラーパフ ミニがオススメの理由④柔らかい光

ソーラーパフにはクールブライトという白めの光で明るいライトとウォームライトというオレンジ色の光の柔らかいライトの2種類がありますが、僕がオススメするのは断然ウォームライトです。

明るさの強弱はボタンで調整できます。

ソーラーパフ ミニがオススメの理由⑤素材

素材には軽量で破れにくいヨットでなどで使われるセール地が採用しています。落としても壊れず、防水素材なので雨天時でも使用可能です。

ソーラーパフ ミニがオススメの理由⑥災害時にも活躍

太陽光で充電できる電池不要のランタンで、もともとは被災地での使用や電気インフラがよくない地域へ広めるために開発されたライトなのです。インフラが乱れる災害時にも大活躍します。

各家庭に最低一個あってもいいと思う。

ソーラーパフ ミニがオススメの理由⑦見た目

見た目が可愛いというところも重要なポイントですよね。ガチガチにアウトドアみたいなギアは敬遠してしまうという方でも、ソーラーパフは見た目もシンプルで膨らむ感じとかコロッとしていて可愛いので絶対好きになるはず。

ソーラーパフミニまとめ:軽い!コンパクト!エコ!コスパ最強!

軽量・コンパクトで持ち運びもしやすく、ソーラー充電。そして柔らかい光でアウトドアの夜を演出してくれる、値段もめちゃ安い。

ソーラーパフ ミニがコスパが最強すぎるので、マジで全アウトドアマンのマストハブアイテムだと思ってます。

登山でもキャンプでも、フェスでも使えるし、柔らかい光は見ているだけで美しく癒される。ソーラーパフ ミニをゲットして、快適に過ごしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。