軽くて保温性抜群!モンベルのアルパインサーモボトルが登山で活躍しすぎる件

スポンサーリンク






こんにちは毎週登山やキャンプアウトドアに入り浸りまくっているしょーま(@shoma_act)です。

皆さん、登山の水筒何使ってますか?

重いものは嫌だし、時間が経ったら冷めてしまう保温性のないものも使いたくありませんよね。。でも、保温性が良いボトルって高い、、じゃあ何を買えば良いんだという方必見です。

今回は、僕が登山する際に必ず常備しているモンベルのアルパインサーモボトル軽くて、安くて、保温性も抜群で使いやすすぎるので、オススメすぎるのでご紹介したいと思います!

対抗馬のサーモスの山専ボトルと比較しながらのご紹介。

登山の水筒にはモンベルのアルパインサーモボトルがオススメ

たくさんの水筒メーカーやアウトドアメーカーがアウトドア用のボトルを出していますが、数あるブランド中の水筒の中で僕がオススメしたいのが、「mont-bell(モンベル)」の山用ボトル、「アルパインサーモボトル」です。

モンベルの山用ボトルがオススメな5つの理由

多くのアパレル・アウトドアブランドがこぞって販売しているアウトドアボトルですが、その中でもモンベルのアルパインサーモボトルをオススメする理由を解説します。

①めちゃくちゃ保温性が良い。

どのくらい保温性能が良いかというと、前日の夜中に入れたお湯で次の日の昼にカップラーメンが作れちゃうほどです。なので僕はいつも登山の前日にこのアルパインサーモボトルにお湯を仕込み、翌日登山中、山頂とかのお昼タイムの時にそのお湯でカップラーメンを作っています。

この素早く暖かい食料を摂取できる道具は、実は登山でめちゃめちゃ重要。特に冬の登山でめちゃめちゃ役に立ちます。登山で動いているとはいえ止まると寒い。ましてやバーナーとクッカーを用意して火を沸かしてさらに3分待ってなんかしてたら凍りつきます。

またお昼だけでなく、ちょっとした休憩の時にもサッとコーヒーや紅茶を作ったりなんか出来るのもいいですよね。冬の登山には必ずアルパインサーモボトルを携帯することをお勧めします。

もちろん冬以外の春夏秋も、サッと暖かいものを摂取できるのは最高です。

ちなみにもう一つのアウトドアボトル会の巨匠山専ボトルと数値で比べてみると。。

  • アルパイン サーモボトル(0.9L):
    →6時間後81℃以上、24時間後61℃以上
  • 山専ボトル(0.9L):
    →6時間後80℃以上、24時間後60℃以上

6時間後、24時間後で1℃ずつ上回る数値です。もちろん試験環境にもよりますが、お風呂の温度でもわかるりますが人間にとって1℃の差は小さくないのです。

スポンサーリンク

②めちゃくちゃ軽い

恐ろしいほど軽いです。一見重そうに見えてあまりにも軽いので初めて持った人は大抵驚きます。サイズは0.9Lと0.5Lの2種類あるのですが、また対抗馬のサーモスからでる山専ボトルと比較してみます。

モンベル

  • 0.9L:380g(サッカーボールより軽い)
  • 0.5L:265g(リンゴと同じくらい軽い)

山専ボトル

  • 0.9L:390g(サッカーボールより軽い)
  • 0.5L:280g(リンゴと同じくらい軽い)

もちろん、どちらのブランドのボトルもこの機能でこの重さは素晴らしいのですが、

モンベルの方が10gづつ軽いです。

③めちゃめちゃ使い易い。

余計なものがないシンプルなデザインなので見た目もスッキリしていて(色は不服ですが、、、)、上部と下部にラバーグリップがついており使い易いです。

冬を始め春や秋の寒い時期の登山では手袋をつけていることが多いです。真冬の登山では分厚いグローブをつけていていも水筒を開け易くする為上下のグリップがついています。

また、中ぶたも六角形になっているので手袋していても開け易いです。名前の通り、登山している人のことを考えた素晴らしいデザインです。

④めちゃくちゃ安い

アルパインサーモボトルのお値段はこちら。

モンベル

  • 0.9L:¥4,500+税
  • 0.5L:¥3,500+税

山専ボトル

  • 0.9L:¥6,500+税
  • 0.5L:¥5,500+税

モンベルさん何なんですかこの価格差は。。。圧倒的すぎる。この機能、この安さ。。もうどちらを買うか決まりましたよね?

⑤選べる2種類のサイズ

ちなみに0.9Lと0.5Lどっちのサイズを買おうかと迷っている方、いますよね。

  • コーヒー:140ml
  • 味噌汁:160ml
  • フリーズドライ(尾西のご飯やアマノフーズの牛とじ丼等):160ml
  • カップ麺:300ml

僕は誰かと一緒に登山したり、誰かを山に連れて行くことが多いので二人分(カップ麺2杯+飲み物2杯)位まかなえる0.9Lを使っています。

もしソロなど自分の分だけだったら、0.5Lでカップ麺+コーヒー作れるので0.5Lで十分です。

モンベルのアルパインサーモボトルは登山者のマストバイ

いかがでしたでしょうか。

軽くて携帯性にすぐれている上に、保温性も高く使い易い。そして値段も安い。

モンベルのアルパインサーモボトルがコスパ最強すぎて、「全登山者必須のアイテムじゃね?」と思うほどです。

僕はこのアルパインサーモボトルを周りの登山仲間にもめちゃめちゃオススメしているので、みんな同じのを持っています。スタンダード化です。

なので、どれが自分のかわからなくならない用こんな感じでステッカーを貼って差別化しています。

まだ、モンベルのアルパインサーモボトル持ってないよという方は、是非使ってみてください。

きっと新しい扉が開けるはずです。

The following two tabs change content below.

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。