IMG_2328 (1)

映画『エベレスト3D』をレビュー!世界最高峰サバイバルを体験せよ

スポンサーリンク






こんにちは、山大好き映画大好きのACTIBASE代表しょーま(@MofMof21)です。

IMG_3090

今回は、僕のお気に入りの登山映画を紹介させてください!

その名も『エベレスト3D』

山を登ったことがない方でもエベレストという名前は聞いたことありますよね。

誰もが一度は憧れる、天国に最も近い場所。

気温はマイナス40度。酸素濃度は地上より60%も減少する。

そんな場所を舞台にしたスリル満点の映画。

地球上最も危険な場所で起こる人間ドラマ自分も現地にいるかのように錯覚させるほどの映像美にどんどん引き込まれていきます。

登山をする人もしない人も楽しめる作品なので絶対に見て欲しいです!!

ではいきます。

映画『エベレスト3D』とは

エベレスト3D』(原題: Everest)は、2015年制作のアメリカ合衆国・イギリスの映画。

日本名は『エベレスト3D』ですが、2Dでも十分楽しめるし引き込まれます。

1996年に実際に起きたエベレスト登山史上最悪の遭難事故を描いたノンフィクション作品

撮影は実際にエベレストやイタリアの山の中。その時の気温はマイナス30度。多くの場面は標高4876mの山中で行われ、キャストは高山で命の危険を感じながら撮影に臨んだ。

そんな命がけで撮影している作品です。いや、危険すぎるでしょ!!

 映画『エベレスト3D』について
タイトル:エベレスト3D
監督:バルタザール・コルマウクル
主演:ジェイソン・クラーク
公開:2015年
時間:121分
製作国:アメリカ、イギリス、アイスランド

僕は上映前のCMからこの映画に引き込まれてました。

映画『エベレスト3D』のあらすじ

世界にその名をとどろかせるエベレスト登頂を目指し世界各地から集まったベテラン登山家たちは、参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れる。さらに天候が急激に悪化し、命の危険性が劇的に高いデスゾーンで離れ離れになってしまう。ブリザードや酸欠などの極限状況に追い込まれた一行は……。

スポンサーリンク

出展:シネマトゥデイ

『人間は旅客機と同じ高さで動くようにはできていない』

 

90年代にエベレストでの商業登山が流行り、エベレスト登頂は「金と時間があれば誰でも挑戦できるもの」になりました。登山家にとってエベレストはやはり世界最高峰なのだから、一生に一度は登ってみたいと思うのは当然です。しかし、エベレストの山頂は”そこにいるだけで死んでいく”人が立ち入ってはいけない領域”なのです。

そんなエベレストツアーで起きた遭難事故を描いた映画、それが『エベレスト3D』なんです。

映画『エベレスト3D』はここがすごい①映像美

everest1

(C)Universal Pictures

何と言っても映像が息をのむほど素晴らしい!

ネパールの街中の喧騒、エベレスト街道の吊り橋、雲の上からのぞく頂、険しい山間にひっそりとたたずむ町、ベースキャンプ、その全てが美しいです。

本当に自分もその世界にいるような感覚になります。

そして実際にエベレストに行ってみたいと強く思うようになります。

映画『エベレスト3D』はここがすごい②人の情と自然の非情

maxresdefault

(C)Universal Pictures

  • 自分が危険な目に会うことがわかっていても仲間や顧客を見捨てず助けに向かう者、
  • 自力で登頂できない顧客を下山させる為に一旦下まで降り、1日で上まで上がってくる者、
  • 危険が増すのでどんなことがあっても下山すると決めたタイムリミットを過ぎても必ず頂上へ行くと主張する仲間を想い共に登る者、
  • 瀕死の状態にいる仲間に呼びかけ続ける者。

この映画ではたくさんの人間の”情”が描かれています。

仲間を見捨てれば、自分は助かるかもしれない。それでも助けに行くのです。

誰もが全員の無事を願い、協力し、励まし、助け合います。

しかし地上では美徳とされる”情”も、エベレストでは”無”になってしまうのです。

決定権はいつも山が握っている

どんなに良いことをしても、どんなに縁起の良い日に登っても、エベレストは容赦なく人の命を奪っていきます。

それが自然の非情さ。

この《人間の情》《エベレストの非情》の対立が際立っています。

登場人物の気持ちになり、極限の状況で自分ならどうするか考えてみるのも面白いです。

映画『エベレスト3D』の感想&レビューまとめ

『エベレスト3D』は僕が見た登山映画至上でダントツトップ!

他の映画を含めても上位にランクインする程、興奮と感動がとまらない映画なんです。

エベレスト登山の過酷さとその美しさをリアルに伝えてくれる究極の作品で冒険好き登山好きにはたまらい。

エベレストとはレベルが違いますが僕もよく仲間と登山に行くので、その心構えを改めて考えさせられました。自分や仲間が追い込まれた時にどんな対応を取るか、その一瞬の判断が生死を分ける。とまではいかなくてもとても大事ということを心に刻んでおきます。

これを書いてたらまたじっくり見たいなーと思ってきました!

そして、なぜ山に登るか改めて考えさせられる。

人はなぜ山に登るのか

この有名な問いは、この映画の中でも登場人物たちの会話にでてきます。

「山は苦しく危険で、人間関係を壊し、金がかかる。だからこそ聞きたい、なぜ登る?」

みんな明確な答えは出さず、「そこに山があるから」というこれまた有名な回答をします。

僕も毎週のように山に行ってますがこの問いに対する明確な答えなんてないです。

ただ単に、登りたいから。それだけなんです。

あ、唯一この映画の欠点を挙げるとすれば、登場人物が多い上にゴーグルなどの雪山登山装備をしているので、誰が誰だかわからなくなることです。笑

是非、一度『エベレスト3D』で地上最高峰サバイバルを体験してみてください。

映画『エベレスト3D』を見るなら

『エベレスト3D』を見るならビデオマーケットdTVに登録して視聴することをオススメします。

①ビデオマーケットで『エベレスト3D』を見る

スクリーンショット 2017-08-24 0.31.49

まずオススメなのがビデオマーケット。[AD]

人気のドラマ・アニメ・映画を160,000本以上配信している国内最大級の動画配信サービスです。

1つのアカウントでテレビ、PC、スマホ、タブレットどれからも視聴可能。

初月無料キャンペーン中で、無料期間中に解約すれば、月額利用料は発生しません。

ビデオマーケットで『エベレスト3D』や他の映画・漫画をお得に見ちゃいましょう!

②dTVで『エベレスト3D』を見る

スクリーンショット 2017-08-24 0.47.58

もう1つオススメなのが、『dTV』

月額料金は500円とU-NEXTに比べ安いですが、『エベレスト3D』は1本300円(税別)と見放題の対象に入ってません。

それでもワンコインで12万本以上の作品が見放題です。『エベレスト3D』以外の作品を観たい場合もオススメです。

また、dTVも新規会員登録で、31日間無料お試しも行っております。

スクリーンショット 2017-08-24 0.53.36
The following two tabs change content below.
しょーま

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しょーま

ACTIBASE代表。
2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。
2017年10月自伝を出す。