【日本百名山】刺激がやばい!両神山で鎖場登山をしてみよう!

スポンサーリンク






こんにちわ。ACTIBASE編集長のひろまさ(@HIRO)です。

登山日:2018年3月25日(日)

埼玉県秩父小鹿野町にある、鎖場で有名な日本百名山の両神山に行きました。

両神山は、「鎖場を楽しみたい人」に特におすすめです

両神山は山岳信仰の霊峰であり、両神山、三峰山、武甲山をあわせて「秩父三山」といいます。

我々は今回、登山グループのACTIBASEで招集をかけてメンバーを集めました。

登山仲間が欲しい方はぜひ、ACTIBASE登山グループを利用してみてください。

 

日本百名山の両神山ってどんな山なの?

両神山は埼玉県小鹿野町と秩父市の堺にある山です。

両神山は日本百名山に認定されており、頂上からの景色も最高にきれいで鎖場も多くあります。

なぜ、両神と呼ばれるのか。

それは、イザナギ(男神)、イザナミ(女神)の神を祀っていることから両神と呼ぶという説です。

そのため、表登山道とされる東面の日向大谷からの道には、数多くの石仏、石碑、丁目石が残されています。

両神山について
名称:両神山(りょうかみさん)
標高:1,723m
場所:埼玉県秩父市中津川
駐車場:両神山荘:埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄9991
駐車料金:第1駐車場500円(第2駐車場、第3駐車場無料)
アクセス:関越自動車道 花園IC
コース:日向大谷コース(メジャーコース)
コースタイム:往復約7時間(登り4時間・下り3時間)
備考:日本百名山、秩父三山、3月後半でも軽アイゼンは必要。

さあ、両神山登山スタート!

 

両神山の第一駐車場に車を止めたので駐車料金を払うために両神山荘に行きます。

(※第二・第三利用者は無料のため払う必要がありません)

両神山荘には、ぽんちゃんという犬がお出迎えしてくれます。

おとなしくてめちゃめちゃかわいい…

そして、お金を払った後は、登山届を提出する場所があるので書きます。

登山をする際には、登山届を必ず記入しましょう。

さあ、ここからが登山本番です!

初めに言いますが、日向大谷コースの両神山の登山って、山頂につくまで本当になんの景色も見えないです。そこまで、ひたすら登るのみです!

スポンサーリンク

ひたすらこんな道です。

両神山の登山では、たまに川や橋が現れるんですよ。

あとはひたすら、こんな道です。

そして、ひたすらひたすら2時間ほどこんな道を歩くと両神山頂までの中間地点でもある清滝小屋に到着します。

この清滝小屋で少し休憩して再度出発します。

両神山の登山道はめちゃめちゃ厳しいわけではないので、メンバーと会話が弾みます。

初めましての人がほとんどだったので、どんな仕事してるの?、休日の過ごし方は何してるの?、など。

登山中の会話は本当に楽しいぃぃぃぃ

さて、清滝小屋を過ぎてから「産体尾根」の分岐点までは、さきほどのようなひたすら歩く道です。

しかし、「産体尾根」からは楽しい楽しい、鎖場が始まりまーーーーーす!

埼玉県秩父ですが、3月後半でも山の上の方は雪が残っています。

この産体尾根からは、確実に雪がやばいだろうということで「軽アイゼン」を装着!

そして、鎖場スタートということで、ストレッチタイム!

3月後半の両神山は軽アイゼンが必要。

わかりにくいかもしれませんが、このような鎖場がバッコンバッコン出現するわけですよ。

しかも雪で滑る滑る。

鎖がめちゃめちゃ冷たいです。手袋は必ず装着しましょう。

一回ここで、鳥居が私たちを出迎えてくれんです。

ここから、約30分で山頂です!

ちなみに、この鳥居の横にはベンチとテーブルがあるので休憩もできます。

そして、鳥居を過ぎてからも鎖場バッコンバッコン。

鎖場も終盤を迎えると、

きました、両神山山頂!

まずは、みんなでパシャリ。

そして、もうね、両神山山頂からの景色ほんまにやばいっすわ

少しガスっていた影響もあって遠くまでは見ることができませんでしたが、

天気が最高に良いと両神山は、北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、富士山など全方向見渡すことができるんです!

鎖場楽しめるし、景色も最高だし、両神山最高っすわ!

両神山を制した後は、薬師の湯へ

往復7時間の登山が終わった後は、いつもの温泉タイーーーーーーム。

今回は、両神山からめちゃめちゃ近い「薬師の湯」に行きました。

7時間も歩いたということもあり、めちゃめちゃ気持ちよかったーーー!

露天風呂はないものの、大人600円と安く、施設の中も大きく快適ですよ!

薬師の湯

日本百名山の両神山に行って刺激と感動を

往復7時間と簡単ではないが、刺激と感動の両方を感じることのできる両神山。

さすが、日本百名山、秩父三山に選ばれているだけはあるなと感じる山です。

なぜかはわかりませんが、両神山はもともと女人禁制の場所だったといいます。

これは人間の性かもしれませんが、禁制といわれると行きたくなりますよね?笑

ぜひ、そんな神聖なる場所、両神山に不思議を解くために行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

登山仲間、見つかる。

—FACEBOOKページ登山仲間募集—

The following two tabs change content below.
ひろまさ
ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ひろまさ

ACTIBASE編集長。ソウル出身埼玉育ち。2015年成蹊大学卒業。高校の修学旅行でオーストラリアに行ってから海外にはまり、旅行が好きになる。バックパッカーとして東南アジア・アジア周遊したりヒッチハイクや都道府県全制覇など常にネタを作るために生きてる。2015年製造業に就職。社会人になってから登山を本格的に始め、はまり、ACTIBASEを設立。