IMG_2328 (1)

大自然の中での非日常体験が家族の絆を深める!家族キャンプのススメ

スポンサーリンク






こんばんはー!

家族キャンパーでACTIBASE編集長のしょーまです。

img_0719

全国のキャンパーの皆さんお待たせしました。今回はキャンプの記事です。

突然ですが、皆さんキャンプは誰と行きますか?

友達、家族、一人、彼氏彼女となど様々だと思います。

それぞれにはそれぞれの良さがあって、どれも楽しいですよね!

今回、しょーまがオススメするのは家族キャンプ!!!

初心者にオススメの家族キャンプ場をご紹介します。

家族キャンプが家族の絆を深める!

%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97

谷合家では毎年家族でキャンプに行きます。

と言っても、この習慣は去年からできました。笑

私がアウトドアにハマり、キャンプの魅力に気付いて、一年で一回くらいは家族で集まる日を作ってもいいんじゃないかと。

私には4人の兄弟がいて、兄も俺も実家を出て一人暮らし、そして弟も大学生とバイトやらサークルやらで、家族みんなで集まれる機会はそうそう無かった

大人になったからこそ話せることも色々あって、兄弟の成長も感じて面白い。

上3人が男で妹は俺と15個以上も年が離れていて、あまり兄弟と合わないというのはなんかやだなーっと思い、キャンプ行事を作ることにした!

そうと決まったら、速攻みんなの予定をアポってキャンプ場を予約して、みんなでGO

家族みんなでキャンプに行くと、車に乗るとこから始まって、みんなで食材を買って、テントを立てて家族の一体感が本当に良いんです!

また、夜は焚き火を囲んでお酒を飲みながら普段できないような話をしたりと、家族の距離がグッと近づく

キャンプという非日常体験が家族の絆を深めるのです!

スポンサーリンク

家族キャンプの入門はコテージに泊まろう!

http://www.pica-resort.jp/stay/site/chichibu/?view=site

http://www.pica-resort.jp/stay/site/chichibu/?view=site

やはり、キャンプでも家族と行くなら最初はなるべく綺麗なところを探そう!

今回、谷合家の家族キャンプの一番最初の舞台はPICA秩父に決定

PICA秩父基本データ

  • 住所:〒368-0053 埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク 内
  • 電話:PICA秩父フロント 0494-22-811
  • 施設:温泉有、コテージ98棟、テントヴィラ5棟
  • HP:http://www.pica-resort.jp/chichibu/

PICA系列のキャンプ場ははこれまでに何個か行きましたが、お風呂が付いていたり、トイレが綺麗だったり、コテージも新しく綺麗に管理されているので、初心者キャンパーにオススメです!

またこの秩父のPICAは、秩父ミューズパーク内にあるのでプールやテニスコート、フットサルコート、フォレストアドベンチャーなど家族や友達みんなで楽しめる施設が充実です。

僕たちは星空キャンプスタイルのコテージを選択して、初めて本格的な望遠鏡を体験することができました。

家族キャンプ第2回はテントに泊まってみよう!

img_0684

コテージは布団もトイレもシャワーもついていて、ほとんどホテルのようなものなので第2回は一段ステップアップして、テントに泊まってみましょう!

ということで、縁あってスノーピークのランドロックを購入し、テントキャンプに臨むのであります。

ランドロックは超高性能テントで、テントなのにリビングルームとベッドルームがあります。

出典:スノーピークHP https://store.snowpeak.co.jp/page/27

このテント超デカイくて、居住性がめちゃくちゃいい

家族キャンプにはもってこいのテントです!

そして第2回目に選んだキャンプ場は、群馬県の湯島オートキャンプ場!

出典:キャンプ場HP http://www.mantenboshinoyu.com/auto.html

湯島オートキャンプ場基本データ

  • 住所:〒379-1404 群馬県利根郡みなかみ町相俣 みなかみ町相俣2004-31
  • 電話:0278-66-1126 (10時〜20時)
  • 施設:55サイト(内9サイトが電源付き、5サイトがフリーサイト)、露天風呂有、近くに温泉施設有
  • HP:http://www.mantenboshinoyu.com/auto.html

こちらの湯島オートキャンプ場は露天風呂付きでトイレも比較的キレイ

そして何より、各サイトが100㎡以上と広々使えるんです。

近くに川も流れていて、テニスコートがあったり、ニジマス釣りができたりと充実のキャンプ場です。

レベルに合わせたキャンプ場選びで家族の絆を深めよう。

img_0691

最近恒例化した谷合家の家族キャンプですが、これからもずーっと行います。

友達とワイワイキャンプするのももちろん好きですが、やっぱり家族は落ち着きますよね。

一年に一度位はちゃんと家族と向き合って、一緒に遊んで、一緒に風呂に入って、日頃言えない感謝を伝えたりしてみてはいかがでしょうか。

以上、家族キャンパーのしょーまでした。

The following two tabs change content below.
しょーま

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。