山頂まで30分?!和田峠から最短登山ルートで冬の陣馬山へ

スポンサーリンク






こんにちは、毎週登山しているしょーま(@shoma_act)です。

登山超初心者でどの山から登ればいいかわからない、とか。

車はあるけどあんまり長い距離は歩きたくない、とか。

時間はないけど超気軽に素晴らしい景色を見てみたい、とか。

今日はそんな方々に高尾山の近くにあり登山初心者にもオススメの陣馬山山頂までの最短コースをご紹介いたします!

その名も、和田峠コース

駐車場もあり陣馬山の山頂までは30分で行ける超時短コースです!

 陣馬山について
名称:陣馬山(じんばさん)
標高:854m
場所:東京都八王子市,神奈川県相模原市緑区
駐車場:和田峠駐車場(約55台/無料)
アクセス:相模湖ICより約25分
コース:和田峠〜陣馬山山頂(ピストン)
コースタイム:往復約1時間(登り30分/下り20分)

和田峠から最短コースで陣馬山へ!

陣馬高原下のバス停を越えてさらに車でグネグネと下山道を進んでいくと広い駐車場(峠の茶屋駐車場)が現れます。そこが和田峠で陣馬山の山頂への最短ルートの登山口。ベンチなどもあってトイレもありますよ!

ちなみに駐車料金は一台一日800円。

トイレはこんな感じで汚らしいので積極的に使いたいとは思わない感じです。紙はあるようです。

そしてここが登山口でこの看板に書いてある通り陣馬山の山頂までは僅か700m。平地なら歩いて10分くらいの距離ですね!それでは早速いってきまーす!

登山口からいきなり階段。終わりが見えないほど続いているぞ。。。左側には巻き道もありましたが現在は工事中で通れませんでした。

スポンサーリンク

階段は続くよどこまでも。。登山開始直後の歩き出しは体を慣らす為にゆっくり自分のペースで行きましょうね。距離も短いし焦る必要もないので。

階段を抜けると走りたくなるような平坦な道に出る。階段は少し長くて大変だけどこの和田峠のコースに特に危険箇所はないのでまったりと歩いていける。

こんな根っこがむき出しになっている道もあるので気をつけて進みましょう!そして階段と平坦な道を2,3回繰り返したらついに

これが最後の階段でここを登れば山頂です!

そしてついに見えてきました陣馬山山頂一帯。モニュメントも見えます!どんなに短い時間の登山でも山頂に着くこの瞬間はなんかワクワクしますね。

本当に和田峠の駐車場(登山口)から30分で陣馬山の山頂までこれました!もちろん、時間や体力に余裕がある方はここから景信山を超えて高尾山まで縦走しても良いですね。

陣馬山の山頂には茶屋もあるしベンチもたくさんあるしやっぱだだっ広いな。電車とバスで来れていい景色が見れる山だけあって土日はたくさんの人で賑わっている。

そしてこれが陣馬山の山頂にある有名なモニュメントです!山頂は遮るものがないのでぐるっと360度絶景を望むことができます。ベンチに座って暖かいコーヒーを飲みながら景色を見ながらくつろぐのもいいですね。

山専ボトルと言われる高性能で軽量な保温ボトルがあればすぐに暖かいものにありつけますよ!

安心してください山頂にもちゃんとトイレもありますよ!

ちなみに下山は高速でいけば10分もかからず下ることができました。ゆっくり行っても20分くらいでいけるかと思います!

陣馬山の最短ルートで週末をちょっと充実させよう

陣馬山への最短コース、和田峠からの日帰り登山いかがでしたでしょうか?陣馬山の山頂までわずか30分でいけます。下りを合わせても往復1時間で戻ってこれる超お手軽ルートです。

行動したかったのに昼まで寝しまった日や突然なんとなく無性に登山に行きたくなった日に行ったりするのもあり。また、気軽に登れて山頂では美しい景色が見れるので、もの凄く初心者の人を連れて行くのも良いかと思います。

是非一度、陣馬山の和田峠からの最短ルートでゆるっと登山をしてみてはいかがでしょうか?

登山に一緒に行く人が周りにいない、登山に行ってみたいけど不安という方はACTIBASE登山グループを是非ご利用ください。同年代の登山仲間がきっと見つかりますよ!

The following two tabs change content below.

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。