山、湖、名物いいとこ取り!関東から伊吹山へ日帰り遠征登山

スポンサーリンク






こんにちは、しょーま(@MofMof21)です。

今回は、東京から日帰りで滋賀県の伊吹山に行ってきました!

伊吹山は、夏は車で山頂まで行けるので観光地として人気の山。そして冬は雪山初心者でも比較的登りやすい山で多くの登山者から人気。そう、年中通して人々に愛される伊吹山。そんな伊吹山にACTIBASE登山グループで仲間を集め遠征登山に行きました。

  • 3月の伊吹山は雪は無し。
  • 危険箇所ないので初心者もOK。
  • とっても広い山頂で絶景を楽しめる。

いざ伊吹山遠征登山へ

東京から伊吹山までは車で4〜5時間。前日の終電で集合して車に乗り込みます。今回は運転手が3人もいるので、交代しながら進んで行く。ナビはとりあえず『伊吹小学校』にセット。近くまで来たら看板が出るのでわかります。朝6時頃に駐車場に着くとおばちゃんが500円を回収しにくる。ここ以外にも駐車場は何個かありましたがここが登山口に一番近い駐車場なはず。近くにトイレもあります。

登る前にみんなで記念撮影。今回のメンバーは撮影している僕も合わせて4人。初めて同士のメンバーもいるけど長距離移動の間に仲良くなっていて、登山開始時にはもうすっかり山仲間!さてさていよいよ伊吹山登山開始です。

最初の樹林帯を抜けるとあっという間に1合目の看板。そしてスキー場っぽいパラグライダー場を登って行くと2合目の看板がある。パラグライダー場は斜度があって以外と急登なのでここまででも正直ボリューミー。だがしかし、2合目から3合目までがまた長い。

いつになったら3合目着くのーっ。とかずっと話しながら歩いてると。。。

ドーンっと伊吹山の本陣のお出まし。ここが3合目。めちゃめちゃいい景色。山の上の方にある白いのは雪ですが、登山道には全くありませんでした。だがしかし、こっから見ると壁のようにしか見えない。「今からこれ登るんかとほほーッ」とか思っちゃったりする。

登山道は終始こんな感じ。上に進むにつれて岩の割合が増えて行く。山頂に向かってひたすらジグザグ進むこの登山道は富士山の登山道とどこか似ている気がする。

スポンサーリンク

5合目にベンチがあったので休憩を挟みまたジグザグジグザグ進んで行く。

そして6合目の避難小屋。中は避難小屋にしては綺麗で泊まれそうだが別に泊まりたいとは思わない。笑

そしてさらに7合目、8合目と歩き続けて、遂に山頂に到着!!

絶景を楽しめる伊吹山山頂でお昼ご飯

みんなで息吹いてみました。あってるこれ?笑 標高1,377mとあまり高くはない山ですが、ここまでの道のりは長く感じた。伊吹山の山頂は平面になっていてとても広くて散策するのも楽しい。

山頂の柱の横には、こんな威厳がありそうな像があります。ヤマトタケルさんです。とりあえずお賽銭して祈ってみます。

めちゃめちゃお腹が空いたので、一通り写真を撮り終えたらお昼ご飯に!

机とベンチがあるので、大パノラマの山々を眺めながらの山頂飯。これはまさに伊吹山の天空テラス!雪のかかった山々は、単なるカップラーメンを極上のランチにします。(本当は美味しい山飯作りたかったよ。)

最近の日帰りハイクでは、モンベルのアルパインサーモボトルが装備のレギュラー入りしています。前日の夜中にお湯を入れても次の日のお昼まで熱々。カップラーメンも作れちゃうんですよ。お湯沸かす時間も省けるし素晴らしすぎる。保温性抜群で軽量なのでめちゃめちゃオススメです。

 

昼食を終えたら、来た道を下っていきます。スイスイ下山して、せっかく滋賀県まで来たので滋賀県の有名観光スポットに移動!

伊吹山登山の後は海みたいな湖、琵琶湖へ

わざわざ滋賀県まで来たわけですから、琵琶湖はいっとかないと!琵琶湖付近にも温泉がたくさんあるようなので、一石二鳥!!言わなくてもわかるでしょうけど、琵琶湖はデカすぎ!マジでこれ海って思うほど大きくて、対岸が見えません。

初めて琵琶湖の浜?まできましたがゴミが沢山捨てられていて水が汚い。笑 滋賀県が誇る琵琶湖なのに、、ちょっと残念。足だけでもつけたら気持ちーだろーなーッと思っていた気持ちもここにきて消えました。

お風呂は琵琶湖が一望できるかんぽの宿 彦根へ。お風呂は6階にあり眺めはいいですが、お湯があっつあつすぎるのと露天風呂がないので長風呂はできませんでした。滋賀県彦根名物の「近江ちゃんぽん」を食べて帰ります。

素晴らしい景色を味わえる山頂が素晴らしい伊吹山

東京から伊吹山の日帰り遠征登山。伊吹山に登って、琵琶湖で遊んで、温泉入って、ご当地グルメを食べて、大満足の内容でした。

伊吹山の夏の登山はとても暑くなりそうだしジグザグジグザグと地味なので、冬の雪のある時期の方がオススメかもしれません。

登山に一緒に行く人が周りにいない、登山に行ってみたいけど怖いという方はACTIBASE登山グループを是非ご利用ください。同年代の登山仲間がきっと見つかりますよ!

—ACTIBASEの登山グループで登山仲間を見つけよう—

 伊吹山ついて
名称:伊吹山(いぶきやま)
標高:1,377m
場所:滋賀県米原市岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町
アクセス:関ヶ原ICより10分
コースタイム:往復約6時間
The following two tabs change content below.
しょーま

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。




ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

しょーま

ACTIBASE代表。 2015年成蹊大学卒業。大学時代に一年間アメリカに留学をし、人生が180度変わる。バックパッカーとして海外一人旅やヒッチハイク、都道府県全制覇など旅に目覚める。2015年商社に就職。休みが土日だけに絞られたため山に目覚め、ACTIBASE設立。 2017年10月自伝を出す。