IMG_2328 (1)

金峰山瑞牆山でテント泊登山!登山行程とおすすめポイント5点

thumb_IMG_9914_1024

スポンサーリンク




こんにちは、ゆうやです。

テント泊登山が楽しすぎてハマってます。

thumb_IMG_9706_1024

4月末の残雪期、奥秩父の百名山「金峰山」、「瑞牆山」にてテント泊登山に行ってきました!

テント泊関連記事①:100人でカウントダウン!?東京都最高峰の雲取山で年越し登山

テント泊関連記事②:一泊二日のテント泊縦走にオススメの南アルプス鳳凰三山で登山

テント泊関連記事③:【興奮必至】テント泊登山にオススメの南アルプス・甲斐駒ヶ岳&仙丈ケ岳

金峰山、瑞牆山はそれぞれ日帰り登山でもいけるんですが、テント泊で一気に登頂。

どちらも全く違った雰囲気の山でめちゃくちゃ楽しかった。

今回は「金峰山」、「瑞牆山」テント泊登山の登山行程とおすすめな点を書いてみます。

テント泊したい!日本百名山の金峰山、瑞牆山の絶景を見たい!って方、

ぜひ読んでみてください。

金峰山、瑞牆山ってどんな山?

どちらも奥秩父の日本百名山。

金峰山について
名称:金峰山(きんぷさん)
標高:2599m
場所:山梨県甲府市、長野県南佐久郡川上村
特徴:絶景尾根歩きができる。山頂に五丈岩という大きな岩(上まで登れる)がある
日帰りコース:大弛峠ー朝日峠ー朝日岳ー金峰山山頂ー朝日岳ー朝日峠ー大弛峠(5時間)
thumb_IMG_6928_1024

金峰山の五丈岩

瑞牆山について
名称:瑞牆山(みずがきやま)
標高:2230m
場所:山梨県北杜市
特徴:岩場が多く、登りがいあり。途中で見える大ヤスリ岩という岩がある
瑞牆山:瑞牆山荘ー富士見平小屋ー瑞牆山山頂ー富士見平小屋ー瑞牆山荘(5時間20分)
thumb_IMG_9848_1024

瑞牆山の大ヤスリ岩

今回の登山行程
コース1日目:瑞牆山荘ー富士見平小屋ー瑞牆山山頂ー富士見平小屋(テント泊)
コースタイム:4時間30分
コース2日目:富士見平小屋ー大日小屋ー大日岩ー金峰山山頂ー大日岩ー大日小屋ー富士見平小屋ー瑞牆山荘
コースタイム:7時間
瑞牆山荘の行き方(電車・バス):韮崎駅からバス「みずがき山荘行き」約1時間でみずがき山荘駐車場へ(片道2000円)
瑞牆山荘の行き方(マイカー):中央自動車道 須玉ICから約50分でみずがき山荘駐車場へ



金峰山、瑞牆山テント泊登山がおすすめな点①富士見平小屋をベースキャンプとして、荷物を置けるのが楽チン

thumb_IMG_6906_1024

登山スタートから約1時間ほどで、「富士見平小屋」という山小屋に着きます。

富士見平小屋について
通常営業:4月1日から11月末まで
冬季営業:12月から3月末まで(週末のみ予約があれば営業)
素泊まり料金:4500円
一泊、2食付き料金:9500円
食事のみ(朝、夜)料金:5000円
消灯時間:20:30
テント泊料金:1000円(約100張)
水場:あり
HP:http://www.fujimidairagoya.jp/index.html

ここから瑞牆山登山ルートと金峰山登山ルートに分かれているので、

テント泊の重い荷物をデポしてそれぞれピストンで登山できるのがいい。

テント泊縦走などだとずっと荷物全部を持ちながら歩くことになるけど、

この登山はスタートの瑞牆山荘〜富士見平小屋(行き帰り合わせて2時間ほど)だけしか

荷物を運ぶ必要がないのでだいぶ楽。

テント泊初心者には優しいコースだと思います。

thumb_IMG_6927_1024

テント場はこんな感じ。広くてゆったり張れます。

テント場に広がるカラフルなテントの雰囲気めっちゃいい。

スポンサーリンク

これこそテント泊登山の醍醐味。

 

金峰山、瑞牆山テント泊登山がおすすめな点②瑞牆山の岩場登山が楽しい

thumb_IMG_6903_1024

瑞牆山登山は途中からとにかく岩場登山になる印象。

樹林帯を歩くのもいいけど、岩場のほうが登りがいがあって楽しい。

他にも、、、

thumb_IMG_6904_1024

こんな岩場や

thumb_IMG_6920_1024

こんな鎖の岩場、

thumb_IMG_6902_1024

こんなんも。

林道よりも登りがいがあって楽しい!

バックの裏見るとわかりますが、滑る泥道で派手に転びました笑

4月末で残雪は山頂付近のみでしたが、滑りそうなところが少々あった印象。

thumb_IMG_9848_1024

山頂の近くになるといきなり「大ヤスリ岩」が見え、大迫力!!!

クライマーの方はこの垂直の巨大な岩も登るらしい。すごすぎ。。。登ってみたい

 

金峰山、瑞牆山テント泊登山がおすすめな点③金峰山の稜線歩きが絶景

thumb_IMG_6915_1024

金峰山は樹林帯を抜けると、絶景を見ながら稜線歩きができるのが楽しい。

遠くに見えるでっかい岩がゴール(五丈岩)。

thumb_IMG_6917_1024

こんな景色や

thumb_IMG_0198_1024

こんな景色を見ながら歩けるのはたまらん。

足場は少し急なところや雪が残っているところもあり、

軽アイゼンを付けて慎重に。



↑こんなやつを付けたり外したり。ラチェット式でカチカチ付けれるやつだと取り外しが楽で、残雪期は便利。

高い山はまだまだ気が抜けませんね。

 

金峰山、瑞牆山テント泊登山がおすすめな点④金峰山の五丈岩が迫力満点

thumb_IMG_6928_1024

そして山頂の五丈岩がこれ。でかすぎる。

山頂になんでこんな岩が残ってるのが不思議でしょうがないっすよね。

しかもこれ登れるみたいなので、登ってみました。

thumb_IMG_6912_1024

男3人で行きましたが、一番上行けたのは翔馬一人だけ。

思ったより高くて、めっちゃ怖かったっす。

 

金峰山、瑞牆山テント泊登山がおすすめな点⑤2つの百名山の絶景が見れる

thumb_IMG_6925_1024

さすがの百名山だけあって、山頂の景色はどちらも鬼のように綺麗でした。

奥秩父の頂点からいろんな方向に山々が見える。

thumb_IMG_6926_1024

瑞牆山山頂から見える大ヤスリ岩の存在感でかすぎる。

thumb_IMG_6913_1024

金峰山は360度パノラマビュー!!!

八ヶ岳やアルプスが綺麗に見えました。

やっぱ登山は晴天に限る。めっちゃ和みますわ。

 

補足;金峰山、瑞牆山はそれぞれ日帰りで登山することもできる

金峰山、瑞牆山はそれぞれ2日かけなくても、日帰り登山ができちゃいます

2日休みが取れない方や、日帰りのが好きな方も気軽に行ける!

無理せず1つずつ登っても相当価値のある山ですよー

日帰り登山の場合、コースは以下のとおり
金峰山:大弛峠ー朝日峠ー朝日岳ー金峰山山頂ー朝日岳ー朝日峠ー大弛峠(5時間)

瑞牆山:瑞牆山荘ー富士見平小屋ー瑞牆山山頂ー富士見平小屋ー瑞牆山荘(5時間20分)

※金峰山は日帰りの場合、今回のテント泊ルートとは別のルートのが短時間で登れるみたい

 

最後に;テント泊登山にぴったりな金峰山、瑞牆山

S__67764230

金峰山と瑞牆山のテント泊登山はこんな感じでした。

金峰山は絶景稜線歩き、瑞牆山は岩山登山って印象。

日本百名山だけあって、山頂も最高の景色。

テント泊やってるけどまだ登ってないよ!!!って方は是非この夏登りに行ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、ACTIBASEゆうやの金峰山、瑞牆山テント白登山のご紹介でした!



テント泊関連記事①:100人でカウントダウン!?東京都最高峰の雲取山で年越し登山

テント泊関連記事②:一泊二日のテント泊縦走にオススメの南アルプス鳳凰三山で登山

テント泊関連記事③:【興奮必至】テント泊登山にオススメの南アルプス・甲斐駒ヶ岳&仙丈ケ岳

The following two tabs change content below.
ゆうや

ゆうや

アウトドアライター。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。

スポンサーリンク




thumb_IMG_9914_1024

ACTIVEを刺激されたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうや

アウトドアライター。2014年成蹊大学卒業。旅行、アウトドアが大好きな25歳。東南アジア(タイ、フィリピン)への海外旅行を機に冒険の楽しさを知る。社会人になり、登山やキャンプにどハマりし、休みのたびにアウトドアを楽しむ。アウトドアの楽しさをもっとたくさんの人々に知ってほしいと思い、ACTIBASEにて情報発信を行う。